夕日の赤から 空の青まで
グラデーションがきれいでした。

沈んでいく夕日の中から富士山が出てきたように見えました。
展望室に偶然居合わせた人たちはみんな、
西の空で、刻々と影を濃くしていく富士山をじっと見ていたのでした。

隣に居た、見知らぬ誰かが言っていました。
「地上ではもう日が暮れている
 私たちはここにいるから、こんなにきれいな夕日を見れる。
 ちょっと不思議な感じ。」
同感でした。