カテゴリー「★調査結果・統計情報」の534件の記事

2017年5月10日

「女性が活躍する会社BEST100」発表!

日経WOMANと日経ウーマノミクス・プロジェクトが実施した「企業の女性活用度調査2017」の結果が発表されました。この調査は今回で15回目を迎えるとのこと。調査結果は、日経WOMAN2017年6月号 に掲載されています。

B06XZVMVGZ

◆女性が活躍する会社ランキング

女性が活躍する会社Best100」のうち、総合ランキングのトップ20は以下のとおり。トップ10に生命保険会社が4社入っています。総合2位の住友生命保険では、20時にPCが強制シャットダウンされてしまうのだとか。

続きを読む "「女性が活躍する会社BEST100」発表!" »

2017年2月18日

2017年版「働きがいのある会社」ランキング発表

2017年版日本における「働きがいのある会社」ランキングが、Great Place To Work Institute JapanのWebサイトに掲載されています。1位はワークスアプリケーションズ。6位のモルガン・スタンレーと8位の日本イーライリリーは、この調査がスタートした11年前から毎年「働きがいのある会社」に選出されているのだそうです。

clip 「働きがいのある会社」ランキング:2017年
  - Great Place To Work Institute Japan

Img2017021801

続きを読む "2017年版「働きがいのある会社」ランキング発表" »

2016年10月10日

経団連、2016ワーク・ライフ・バランス取組み事例集とアンケート結果

ワーク・ライフ・バランスの取組み事例集が、経団連のWebサイトに掲載されています。掲載されているのは270社。内訳は、従業員数1000人以上の企業からの回答が7割を占めているようです。2011年度から始まった調査とのことですが、今回の調査では「働き方・休み方改革」「仕事と介護の両立支援」に焦点が当てられているとのこと。

たとえば、「働き方・休み方改革に向けた意識啓発・取組み」の調査結果は以下のとおり。

Img2016101001

続きを読む "経団連、2016ワーク・ライフ・バランス取組み事例集とアンケート結果" »

2016年9月24日

10代でも高額被害! ~「インターネット詐欺リポート」から~

インターネット詐欺被害実態調査の結果によれば、インターネット上の詐欺で、10代でも高額な金銭被害にあっていることが分かったそうです。年代別の被害金額の調査結果は以下のとおり。被害にあった人のうち、5万円以上の被害にあった人は10代が最も多いことが分かります。

Img2016092401

続きを読む "10代でも高額被害! ~「インターネット詐欺リポート」から~" »

2016年9月17日

育休が約60%から約47%に減らしたものとは?

国立社会保障・人口問題研究所が実施した第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)によれば、出産退職する妻が減少傾向にあるのだそうです。、第1子出産前後の妻の就業状況は、2005~2009年の29.0%から約10ポイント伸び、2010~2014年は38.3%になったそうです。これは育児休業を利用したことの影響が大きいようです。 

Img2016091701

続きを読む "育休が約60%から約47%に減らしたものとは?" »

2016年9月11日

有給休暇の取得、子育て理由は女性が2倍以上

第一生命経済研究所が実施した「子どもがいる正社員の休暇に対する意識調査」によれば、子どもの学校行事、子どもの病気のために年次休暇を取得する割合は、女性が男性の2倍以上になっていることがわかったそうです。「子どもの学校行事(授業参観や PTA 活動など)」を理由に挙げたのは、男性が29.9%女性が62.9%。また、「子どもの病気・けがの看病、通院」を上げたのは、男性が15.3%女性が35.9%とのこと。子どもの年齢別にみると、小学校にあがる前の女性はとくに、この二つの理由が高いようです。

Img2016091102

続きを読む "有給休暇の取得、子育て理由は女性が2倍以上" »

2016年9月 4日

保育所待機児童数、2年連続で増加。9県でゼロ。

厚生労働省のWebサイトに、平成28年4月1日現在の保育所待機児童数が掲載されています。青森県、山形県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、鳥取県の9県では、待機児童数がひとりもいない状態なのだそうです。                                                                   

Img2016090403

続きを読む "保育所待機児童数、2年連続で増加。9県でゼロ。" »

2016年8月27日

母乳育児に関する妊娠中の考え方が大切? ~乳幼児栄養調査結果から~

「人生は想像した範囲のことだけしか起きない」と聞きます。これは本当なんだなと、厚生労働省のWebサイトに掲載されている調査結果を見て思いました。

平成27年度 乳幼児栄養調査結果が、厚生労働省のWebサイトに掲載されています。この調査結果に、母乳育児に関する妊娠中の考え方と実際の授乳方法に関するデータがあります。これがなかなか興味深いのです。

Img2016082601

続きを読む "母乳育児に関する妊娠中の考え方が大切? ~乳幼児栄養調査結果から~" »

2016年8月20日

M字カーブの谷はなくならない

女性の就業率向上には、働きづづけるための支援とあわせて、出産・ 育児後の復帰支援が望まれているようです。

株式会社明治安田生活福祉研究所が実施した「第9回結婚・出産に関する調査」によれば、第1子の妊娠・出産を機に仕事をやめた女性は、20 代では73.1%、30代では50.5%とのこと。多くの女性が仕事を離れる選択をしていることが分かります。その理由で多かったのは、職場の雰囲気がよくないからでも、会社の制度が整っていないからでもないようです。では、どんな理由が上位に入っているのでしょうか。

◆妊娠・出産時に仕事をやめた理由は?

Img2016082001

続きを読む "M字カーブの谷はなくならない" »

2016年8月16日

子どもが不登校になった時、親はどうすれば良いか?

文部科学省が実施した調査によれば、平成26年度において、小・中学校における不登校児童生徒の割合は1.21%(122,902人)、高等学校における不登校生徒の割合は1.59%(53,154人)とのこと。不登校のきっかけとしては、不安など情緒的混乱、無気力が理由の上位にあるようです。

子どもが不登校になった時、保護者はどうすれば良いのでしょうか。また、子どもの不登校を防止するために、保護者は何をすればいいのでしょうか。JIJICOのWebサイトに関連する記事が掲載されていますので、紹介します。

続きを読む "子どもが不登校になった時、親はどうすれば良いか?" »

より以前の記事一覧

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談