« キッコーマン野田工場「御用蔵」見学と「立体商標」の話 | トップページ | 森カフェ「Cafe ONIWA」でティータイム♪ »

2018年11月25日

近代化産業遺産のまち「野田」散策とお煎餅焼き体験

Imgp0269r1s

「近代化産業遺産」は、日本の産業の近代化に貢献した建造物や機械などを経済産業大臣認定したものです。横浜赤レンガ倉庫、旧富岡製糸場、韮山反射炉なども認定されています。野田市では、醤油産業が拡大していった明治、大正、昭和初期の建物が認定を受けています。

◆近代化産業遺産をめぐる街歩き

“とうかつ”レトロ・トリップのモニターツアーで、近代化産業遺産を何カ所かまわることができました。野田にいかに醤油産業が根付いているかを感じる散策となりました。

Imgp0268r1s

一番上の写真は、キッコーマン野田本社の近くにある「旧野田商誘銀行」の建物です。大正15年に建てられたとのこと。現在は株式会社千秋社の社屋になっています。「商誘」という名前は、銀行の創立時のメンバーのほとんどが醤油屋さんだったからとのこと。銀行の名前にも「しょうゆ」が入っていたのですね。

野田醤油株式会社本店の初代正門[↓]。門の向こう側に見えるクレーンは、キッコーマンの研究施設の建設をしているのだそうです。

Imgp0272r1s

キッコーマンの稲荷蔵[↓]。昔は仕込蔵。現在は倉庫とのこと。

Imgp0275r1s

趣のある壁がいいですね。

Imgp0278r1s

Imgp0281r1s

野田醤油(現キッコーマン)は、茂木家と高梨家によって生まれた会社です。その茂木家の本家がこちら[↓]。国登録有形文化財にもなっているそうです。

Imgp0284r1s

春風館[↓]。道場です。野田醤油の初代本店社屋を移築、一部改修して使っているとのことでした。

Imgp0285r1s

街歩きのゴールは野田市市民会館[↓]。

Imgp0289r1s

ここは、茂木家の邸宅だったそうです。

Imgp0321r1s

邸宅内の施設や庭園は、ドラマ、CM、広告、映画などの撮影にも使われているとのこと。たとえば、台所では、「天皇の料理番」の撮影が行われたのだそうです。

Imgp0318r1s

「非商用目的で写真やビデオ撮影を楽しみたい方の部屋利用も歓迎」とのこと。この日は、コスプレ撮影が多かったみたいsweat01

Imgp0317r1s

経済産業省のWebサイトによれば、ツアー前半で行った、利根運河キッコーマン野田工場の御用蔵も近代化産業遺産群の構成遺産です。

◆お煎餅焼き体験

野田市はお煎餅屋さんが多いそうです。知らなかった。。。やっぱり、お醤油を使うからかしら。モニターツアーでは、お煎餅焼きも体験させていただきました。

Imgp0293r1s

ありがたいことに、野田観光土産名店会のお煎餅やさんが直々に指導してくださいました。笑顔が素敵☆

Imgp0331r1s

焼けたけど、自分の手際の悪さを再認識sweat01

Imgp0315r1s

◆チーバ君登場!

ここではチーバ君に会うこともできました。
チーバ君、仕草が可愛くて、柔らかくて、大人気でした!

Img_8702r1s

“とうかつ”レトロ・トリップのモニターツアー。
最後の目的地に向かいます。。。

pencil 関連情報へのリンク

pencil このブログの関連記事(千葉県東葛飾地区情報)

« キッコーマン野田工場「御用蔵」見学と「立体商標」の話 | トップページ | 森カフェ「Cafe ONIWA」でティータイム♪ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/67417823

この記事へのトラックバック一覧です: 近代化産業遺産のまち「野田」散策とお煎餅焼き体験:

« キッコーマン野田工場「御用蔵」見学と「立体商標」の話 | トップページ | 森カフェ「Cafe ONIWA」でティータイム♪ »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談