« 窪田酒造の酒蔵見学と、甘くて美味しい「本みりん」 | トップページ | 大正ロマン漂うお座敷でお箸で頂く本格フレンチ「ブラッスリーしんかわ」 »

2018年11月18日

「利根運河」と「うんがいい!朝市」散策

Imgp0193r1s

利根運河は、明治23年(1890年)から昭和16年(1941年)までの約50年間、北海道・東北から江戸への物資輸送の中心だったのだそうです。昔はこの場所を蒸気船が通っていたとのこと。時代の流れを感じます。

◆利根運河

頂いた資料によれば、江戸時代、利根運河ができる前は、房総半島をぐるりと回るルートか、関宿まで利根川を遡り、江戸川を下って江戸に向かっていたのだそうです。利根運河の開通により、銚子から江戸への所要日数は、3日から1日に短縮されたのだとか。利根運河の果たす役割は大きかっただろうことがしのばれます。

今は運河の役目を終えており、利根川と江戸川を結ぶ約8.5kmの一級河川になっています。社団法人土木学会の「選奨土木遺産」、また経済産業省の「近代化産業遺産」に認定されているとのこと。

Imgp0191r1s

蒸気船が通るような運河だったのに、あまりまっすぐではないみたい。。。どうやら運河ができる前の地形を活かしたためのようです。今回のツアーでは行きませんでしたが、「眺望の丘」からは運河の曲線美を見ることができるそうです。

◆毎月第四土曜日開催 「うんがいい!朝市」

毎月第四土曜日には、運河水辺公園で開催される「うんがいい!朝市」。モニターツアーの途中で、立ち寄らせていただきました。

Imgp0180r1s

季節の新鮮なお野菜だけでなく、お煎餅屋さん、焼き鳥屋さん、パン屋さん、珈琲屋さん、小物屋さん、ぎんなん細工屋さんなど、地元のいろいろなお店が出店していました。ハイパー自転車の展示や、バンドのライブ演奏もありました。終活のブースもあり、そこでうかがった話はとても興味深かったです。この朝市が100回近く続いているのも凄いと思う。ランチは他の場所で頂くことになっていたため、美味しそうなモノを食べれなかったのが残念でした。。。

朝市では、利根運河の自然に関する展示もありました。水生生物の展示も。こんなにも沢山の生き物が運河にはいるのですね。ナマズもいるのだとか。

Imgp0177r1s

かつてはコウノトリの重要な生息地の一つだったとのこと。日本で2番目となる野外放鳥も野田市で行われているのだそうです。

Imgp0175r1s

◆レトロ・トリップ

最盛期には年間で2万隻余りの船が物資を積んで、利根運河を通行していたそうです。その面影が、窪田酒造や割烹新川にみられるのだとか。なるほど、ようやく、このモニターツアーが「レトロ・トリップ」である訳がじわじわと身に染みるように分かってきました。

Imgp0173r1s

もう一度、想像してみました。
かつて、ここを蒸気船が通っていたことを。

Imgp0172r1s

水運と醸造の街で過ごす贅沢時間 “とうかつ”レトロ・トリップのモニターツアー。次は楽しみにしてきたランチタイムです。つづく。。。

pencil 関連情報へのリンク

pencil このブログの関連記事(千葉県東葛飾地区情報)

« 窪田酒造の酒蔵見学と、甘くて美味しい「本みりん」 | トップページ | 大正ロマン漂うお座敷でお箸で頂く本格フレンチ「ブラッスリーしんかわ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/67392658

この記事へのトラックバック一覧です: 「利根運河」と「うんがいい!朝市」散策:

« 窪田酒造の酒蔵見学と、甘くて美味しい「本みりん」 | トップページ | 大正ロマン漂うお座敷でお箸で頂く本格フレンチ「ブラッスリーしんかわ」 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談