« 「利根運河」と「うんがいい!朝市」散策 | トップページ | キッコーマン野田工場「御用蔵」見学と「立体商標」の話 »

2018年11月19日

大正ロマン漂うお座敷でお箸で頂く本格フレンチ「ブラッスリーしんかわ」

Imgp0224r1s

利根運河沿いの一軒家レストラン「ブラッスリーしんかわ」は、1892年(明治25年)創業の割烹料理「新川」の旧館をリノベーションして営まれているフレンチのお食事処です。創業当時は宿として使われていた建物とのこと。地元の新鮮な食材を使ったお料理を、こちらで頂きました。

大正ロマンの漂うお座敷が素敵shine 
建物の外観からは思いも寄りませんでした。

Img_8686r1s

地元食材のフレンチコース。お箸でいただきます。

Img_8684r1s

添えられているのは、バターナッツかぼちゃのピューレとのこと。

Img_8685r1s

自宅の近くにあったら、
記念日に行くお店にすると思う、きっと。

Img_8688r1s

自分でスープをかけて、メインディッシュのポトフを仕上げます。

Img_8689r1s

季節感たっぷりのお食事でしたshine

Img_8694r1s

利根運河が開通したのが明治23年でしたから、新川さんは、その2年後に開店したということになります。利根運河は最盛期には年間で2万隻余りの船が通行したとのこと。こちらの割烹新川さんにはその頃の面影を見ることができるのだそうです。

Imgp0196r1s

「レトロトリップ」にふさわしいお食事処でした。

モニターツアー。次は、キッコーマン野田工場に向かいます。つづき。。。

pencil このブログの関連記事(千葉県東葛飾地区情報)

« 「利根運河」と「うんがいい!朝市」散策 | トップページ | キッコーマン野田工場「御用蔵」見学と「立体商標」の話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/67392929

この記事へのトラックバック一覧です: 大正ロマン漂うお座敷でお箸で頂く本格フレンチ「ブラッスリーしんかわ」:

« 「利根運河」と「うんがいい!朝市」散策 | トップページ | キッコーマン野田工場「御用蔵」見学と「立体商標」の話 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談