« 保護者会の会計監査で何をすればいいのか~監事初心者のまとめ~ | トップページ | 受け継がれていること »

2018年2月21日

「読める」かどうかが、人生を決める

基礎的読解力を調査するためのリーディングスキルテスト(RST)の例題を解いてみました。この問題、それほど難しいというわけではないのに、全国中学生の正答率は12.3%と低いのだそうです。高校生でさえ27.8%とのこと。

Img2018022101

キーワードを拾い読みしてしまう傾向が、子どもたちにはみられるのだそうです。それを「AI読み」というのだとか。なるほど、拾い読みすると、たとえば③と、間違った答えをしてしまうのにもうなづけます。

RST開発者の新井教授によれば、以下のとおり。

「基本の読みとか論理的推論ができない子は、いくら知識を教えても、それを整合的に使えるようにならないんです。学力の差が、知識量とかやる気の問題であれば、勉強したくなった時にやればいい、とも言えますが、そうではなくて、『読める』かどうか、が大きい。読めている人は、それほど痛痒なく受験勉強をやって、入試を突破する」

引用元:大事なのは「読む」力だ!~4万人の読解力テストで判明した問題を新井紀子・国立情報学研究所教授に聞く(江川紹子) - 個人 - Yahoo!ニュース (2018年2月11日)

読解力が大切ということですね。

上の例題の答えは②。私は正解できましたが、子どもは最初は不正解。でも、落ち着いてやってみると、ちゃんと正解にたどり着けました。

その様子を見て、自分の教え方を反省。。。「問題をちゃんと読むように」「問題文に答えが書いてあるから」と子どもに教えてきました。でも、もしかしたら、それらの言葉だけでは不十分だったのではないかと。どう考えるかをなぞるように教えることが必要だったのかも。この問題には考えさせられました。

pencil 関連情報へのリンク

4492762396 AI vs. 教科書が読めない子どもたち
新井 紀子
東洋経済新報社  2018-02-02

« 保護者会の会計監査で何をすればいいのか~監事初心者のまとめ~ | トップページ | 受け継がれていること »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/66416241

この記事へのトラックバック一覧です: 「読める」かどうかが、人生を決める:

« 保護者会の会計監査で何をすればいいのか~監事初心者のまとめ~ | トップページ | 受け継がれていること »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談