« 学びは外にある | トップページ | ボクネン美術館、「向日葵」展へ »

2017年8月21日

天体観測アプリ「Night Sky」で星探し☆

「Night Sky」は、オススメの天体観測アプリです。空にかざすと、星の名前や星座を確認できます。星々や人工衛星の動きをリアルタイムに分かるだけでなく、過去の星空も未来の星空も確認することができます。絵もきれい。さらには、星の位置のナビゲートもしてもらえます。「Night Sky」はうちの子どもの星への興味を引き出してくれました。App内課金もあるようですが、無料の範囲でもかなりイイです。入れておいて損はないアプリだと思います。お試しを。

以下で、iPhoneアプリの画面ショットを紹介させていただきますね。

Img_2232

横置きだと以下のような感じ。

Img_2267

表示する空の年月日と日時を指定することができます。上の画面ショットの例では、2017年8月25日20時の空を表示してみました。惑星や星座や人工衛星をタップすると説明が表示されるので、興味を深めることができます。

◆星や星座の場所までナビゲート

画面右上の虫眼鏡マークをクリックすると、検索できます。ここでは「カシオペア」がどこにあるのかを検索してみますね。

Img_2235

カシオペア座の情報が表示されました。情報量は結構あって、カシオペアはアンドロメダの母親という神話にも触れられていました。空での位置を確認したい場合は、左下の、矢印と星のアイコンをタップします。

Img_2236

すると、画面内に矢印が表示されました。下の画面ショットですと、その矢印は左上にあります。この矢印に従って、体を動かし、スマホをかざしていきます。

Img_2238

そして、かざす方向がカシオペア座の方向に合うと、下図のようにカシオペア座の場所が緑色の線で囲まれます。これなら、見たい星座にたどり着けますね!

Img_2243

検索できるのは、星だけではありません。試しに、ハッブル宇宙望遠鏡を検索してみました。打ち上げられたのは1990年だったみたい。

Img_2249

空での位置を確認してみると以下のとおり。試してみた時間帯では、地平線の下にあるようですね。

Img_2253

◆過去や未来の空も

画面を長押しすることで、色を変更することもできます。夜、外で使うときには有難いかも。また、早送りボタンと巻き戻しボタンで、10倍、100倍、1000倍、10000倍、30000倍の速さで早送り再生と巻き戻し再生をできます。この機能を使えば、長時間の星の動きを短時間で追えますし、空には沢山の人工衛星があり様々なスピードで動いていることが分かります。

Img_2259

1986年の空でハレーすい星を探してみたのですが、未だ探せず。。。

◆拡大と縮小

拡大することもできます。下の例では、オリオン大星雲付近を拡大表示してみました。左上にオリオン座の三ツ星があります。星雲もキレイ。

Img_2271

逆に、表示を縮小していくと、地球を宇宙から見た表示に変わります。以下のような表示です。

Img_2273

他の天体観測アプリも使っていますが、無料でできることに違いがあるので、こちらのアプリも入れてみました。

最近、曇り空ばかり。空に星がない夜が多いように思います。星空観察の自由研究を予定していたお子様は、研究テーマを変えちゃったりしているかもですね。そろそろ青空も見たいし、星空も見たいです。

pencil 関連情報へのリンク

« 学びは外にある | トップページ | ボクネン美術館、「向日葵」展へ »

コメント

星座の観測でも私の考えるより複雑です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/65690093

この記事へのトラックバック一覧です: 天体観測アプリ「Night Sky」で星探し☆:

« 学びは外にある | トップページ | ボクネン美術館、「向日葵」展へ »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談