« 船橋市写真連盟会員展、終了しました | トップページ | 夏休みの計画表をダウンロードできるサイト一覧2017 »

2017年7月22日

長時間労働につながりやすい職場慣行・商慣行とは?

職場で行われていることのうち、長時間労働につながりやすいことは何でしょうか。

経団連会員企業他249社が回答した「2017年労働時間等実態調査」に基づき紹介させていただくと、トップ3は「業務の属人化」「時間管理意識の低さ」「業務効率の悪さ」とのこと。これらは「残業が当たり前、美徳とする雰囲気」「帰りにくい雰囲気」という「雰囲気」の回答を上回っています。改善策としては、「業務の効率化」「定時退社日の設定」などが挙げられていす。

Img2017072201

同調査では、長時間労働を招く商慣行についての調査結果も含んでいます。こちらは「客先からの短納期要求」「顧客要望対応」の回答が1位、2位のようです。こちらの改善策としては、「顧客・外部(役所)の理解」「適正なスケジュール・納期」などが挙げられていました。

Img2017072203

詳しい調査結果は、以下のリンクをたどってみてくださいね。

pencil グラフの出典

本当にその期限までの対応が必要なのか確認すること。長時間労働にならずに対応できるスケジュールを提案すること。これらを実践している会社について、先日テレビで紹介されているのを見ました。詳細は忘れてしまったのですが、これらの対策は相手がお客様ではなく社内の方であっても、有効なのではないかと感じました。がんばって間に合わせなければいけないときももちろんあるけれど、相手がバッファを多めにみていることもあるので、まずはうかがってみてもいいかと思います。

pencil 関連情報へのリンク

« 船橋市写真連盟会員展、終了しました | トップページ | 夏休みの計画表をダウンロードできるサイト一覧2017 »

コメント

お客さんも、そのお客さんから「短納期要求」されてるのかもしれませんね。

☆ぶぅさん
たしかに。「適正なスケジュール・納期」を考えるのは、みんなでやろうってことだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/65566716

この記事へのトラックバック一覧です: 長時間労働につながりやすい職場慣行・商慣行とは?:

« 船橋市写真連盟会員展、終了しました | トップページ | 夏休みの計画表をダウンロードできるサイト一覧2017 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談