« 「夏休み“スマホの安全”ドリル」で復習を | トップページ | 「君の名は。」動画サイトで配信開始 »

2017年7月27日

大学卒業までの教育費はいくら必要?「教育マネーみつもり君」でシミュレーション

大学卒業までの子ども一人にかかる教育費用をざっと計算して教えてくれるシミュレータ、ベネッセ「教育情報サイトの「教育マネーみつもり君」を試してみました。対象は小学校1年生から中学校3年生まで。正確な費用ではなく、学校別の平均的な金額を「教育マネーみつもり君」は算出してくれます。
 

Img2017072701

試してみました。
 
公立中学1年生からスタート。
進路は、公立高校→国公立大学文科系。
中学高校の6年間、通信教育と塾を併用。
公立高校と私立高校1を受験。
国公立大学を2校、私立大学を2校受験。
この場合の費用は 6,227,600円sign01
 
何にそんなにかかるかしら。。。
 
教育費シミュレーション結果の一番上、最初には、どの段階でいくらかかるかが、以下のように表示されます。下の例の場合、塾や通信教育などの校外学習費用が、中学・高校ともにかかっていることが分かります。

Img2017072702

1年ごとにかかる教育費とその内訳も見ることができます。
 

Img2017072703

中学1年生と高校1年生で学校教育費がかかるのは、制服とかそろえないといけないからかな。

Img2017072704

大学を私立大学文科系に変えてみたら 7,661,700円sign01
大学を私立理工系に変えてみたら 9,019,600 円sign01
とかすぐにざっと計算してくれます。

平均的な金額ということですが、公立にするか私立にするか、塾に通うか、何校受験するかなど、個別の事情を組み込むことができるので参考にできるのでは。おおまかな結果ではありますが、誰かにシミュレーションしてもらわなくても、自分でシミュレーションできるのがいいなと思いました。保護者がどの程度の覚悟をすればいいのか、理解する助けにもなるのでは。

pencil 関連情報へのリンク

 

« 「夏休み“スマホの安全”ドリル」で復習を | トップページ | 「君の名は。」動画サイトで配信開始 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/65584466

この記事へのトラックバック一覧です: 大学卒業までの教育費はいくら必要?「教育マネーみつもり君」でシミュレーション:

« 「夏休み“スマホの安全”ドリル」で復習を | トップページ | 「君の名は。」動画サイトで配信開始 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談