« 「女性が活躍する会社BEST100」発表! | トップページ | 岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」を船橋で鑑賞 »

2017年5月14日

「赤ちゃんポスト」10年の現実と「SOS赤ちゃんとお母さんの妊娠相談」

Img_0832s
日本に初めての赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」が熊本の慈恵病院に設置されてから10年が経ったそうです。この情報は朝日中高生新聞にも掲載されていました。記事では中学3年生の同級生カップルの妊娠の事例や、同病院の「SOS赤ちゃんとお母さんの妊娠相談」に2016年度は6565件の相談があったことも掲載されていました。これを読んだ中高生の男子も女子も、考えるきっかけになってくれたらいいな、困ったときに思い出してくれたらいいなと思いました。

赤ちゃんポスト10年の現実 120人以上の命救う
親が育てられない子どもを匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)が、熊本市の慈恵病院に開設されてまもなく10年になる。預けられたのは120人以上。子どもにとって最善の選択なのかという懸念も抱えつつ、望まない妊娠で孤立する母親たちが絶えないという現実を映している。
引用元:朝日新聞デジタル (2017年5月6日)

clip SOS赤ちゃんとお母さんの妊娠相談
 Tel: 0120-783-449(無料、24時間OK)
 メール: http://ninshin-sos.jp/contact

Img2017051401

pencil 関連情報へのリンク

« 「女性が活躍する会社BEST100」発表! | トップページ | 岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」を船橋で鑑賞 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/65277511

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤ちゃんポスト」10年の現実と「SOS赤ちゃんとお母さんの妊娠相談」:

« 「女性が活躍する会社BEST100」発表! | トップページ | 岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」を船橋で鑑賞 »

Books

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談