« 「#泣くのが仕事」プロジェクトとは | トップページ | 「女性が活躍する会社BEST100」発表! »

2017年5月 4日

ハッピーエンドじゃないクレヨンしんちゃんの映画って?

「クレヨンしんちゃんの映画にはハッピーエンドじゃないのがある。でもその映画が、クレヨンしんちゃんの映画では一番いい」という話を息子から聞きました。

★以下の記事は、ネタバレの内容を含みます。これからご覧になる予定の方は、ご注意ください。

それは「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」。動画サイトのレビューを読んでみたのですが、かなりの高評価。というわけで、Amazonプライム・ビデオで視聴してみました。

movie 映画クレヨンしんちゃん
  嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦 Amazonプライム・ビデオ
  http://amzn.to/2pIiGXs

時代考証にチカラを入れているということでしたが、とくに合戦のシーンはなかなか興味深いものがありました。天正2年(1574年)当時の戦いが詳細なところまで描写されているのだそうです。これには驚きました。竹を束ねて作った大きな盾を使っていたり、敵が育てた麦を刈ってしまったり、槍が長かったり、投石したり、鉄砲を撃つタイミングを見計らったり。あまり見られないシーンを見れました。子どもに付き添って映画を見に行くであろう、保護者が楽しめる要素だと思いました。山梨出身の私としましては、やはり武田信玄が気になります。武田信玄が亡くなったのが1573年ですから、ちょうどそのころの戦い方を、映画を通じて見れたってことですね。

最後のシーンはやはり泣けました。。。映画「プライベート・ライアン」を思い起こしたのは、私だけかしら。ハッピーエンドじゃない子ども映画ってどうなんだろう、と思って見始めましたが、戦争の悲惨さを伝えたかったのかも。

映画のクレヨンしんちゃんにはよい話が多いですが、この映画が私の一番になりました。

pencil このブログの関連記事

« 「#泣くのが仕事」プロジェクトとは | トップページ | 「女性が活躍する会社BEST100」発表! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/65234847

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピーエンドじゃないクレヨンしんちゃんの映画って?:

« 「#泣くのが仕事」プロジェクトとは | トップページ | 「女性が活躍する会社BEST100」発表! »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談