« 映画『ひるなかの流星』を観てきました | トップページ | 「1歳未満の子どもはハチミツ禁止」は常識じゃなかった! »

2017年4月23日

『草間彌生展「わが永遠の魂」』が凄かった件

Img_9987rs

国立新美術館で開催されている『草間彌生展「わが永遠の魂」』に、娘と一緒に行ってきました。表現の力強さ。作品の多さ。バリエーションの豊かさ。尽きることがあるのでしょうか。その世界観に底知れぬパワーを感じました。

art 草間彌生展「わが永遠の魂」

Img_9946rs
ずっと忙しくて、芸術鑑賞にも行けていませんでした。国立新美術館に行くのも久しぶり。「アンドレアス・グルスキー展」以来じゃないかしら。娘は初めて。建物の大きさや美しさに驚いたようでした。美術館の入口近くに置かれている、兵舎の模型に興味を持ってくれたおかげで、ここが何の跡地なのか、子どもに説明する機会ができました。

Imgp9087rs
敷地内の木の幹も水玉模様に。
美術館の外から展示は始まっていました。

Img_9947rs

絵画シリーズ「わが永遠の魂」の展示コーナーが圧巻でした。シリーズ作品は約500点もあるのだそうです。2009年から取り組んでいるシリーズとのこと。ということは、このシリーズだけでも1年に平均60作品くらいを描いているということですよね。彌生さん、スゴイなぁ。
今回展示されていたのは、そのうちの約130点とのこと。一作品は縦横2mくらい。それが部屋いっぱいです。携帯電話かスマートフォンなら写真撮影OKの場所でしたので撮ってみましたが、パノラマでも1枚には収まりきりません。※当然ですが

Img_9959rs
作品には一つ一つタイトルがついています。たまたま周囲の皆さんの視線が行っている作品がありまして、そのタイトルを見てみたら「私に愛を与えて」でした。うーん、、、やっぱり難しい。現代アートはよくわからないです。でもなんか訴えかけてくるのですよね、目を引き付けられるというかなんというか。

Img_9993rs
「無限の鏡の間」も、自分が光になって溶け込んだような感じがしてよかったなぁ。草間彌生さんといえば「水玉」のイメージでしたが、抽象画、点描画、ミニマルアートなど、本当にいろいろな作品があるんですね。

Img_9969rs
美術館の外にも作品が展示されていました。この南瓜は高さ4.5m、幅5mもあるとのこと。屋外の展示を全部見ることはできなかったのが、ちょっと残念。

Img_0013rs
草間彌生の世界、たっぷりと堪能させていただきました!ちなみに中学生以下は無料です。

art 草間彌生展「わが永遠の魂」
会期:2017年2月22日(水)~5月22日(月)
    毎週火曜日休館 ただし、5月2日(火)は開館
開館時間: 10:00~18:00 金曜日は20:00まで
 ※4月29日(土)~5月7日(日)は毎日20:00まで開館
 ※入場は閉館の30分前まで
会場:国立新美術館

     ◇     ◇     ◇

国立新美術館のこの曲線、好きです。

Imgp9096rs

芸術鑑賞は久しぶりでした。こういう時間って、やっぱり必要だなぁ。

娘と一緒に行けてうれしかったですhappy01

pencil 関連情報へのリンク

« 映画『ひるなかの流星』を観てきました | トップページ | 「1歳未満の子どもはハチミツ禁止」は常識じゃなかった! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/65187318

この記事へのトラックバック一覧です: 『草間彌生展「わが永遠の魂」』が凄かった件:

« 映画『ひるなかの流星』を観てきました | トップページ | 「1歳未満の子どもはハチミツ禁止」は常識じゃなかった! »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談