« WLB実現に向けた「3つの心構え」と「10の実践」とは? | トップページ | 田中長徳写真展「dp PRAHA」を鑑賞しました »

2016年9月17日

育休が約60%から約47%に減らしたものとは?

国立社会保障・人口問題研究所が実施した第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)によれば、出産退職する妻が減少傾向にあるのだそうです。、第1子出産前後の妻の就業状況は、2005~2009年の29.0%から約10ポイント伸び、2010~2014年は38.3%になったそうです。これは育児休業を利用したことの影響が大きいようです。 

Img2016091701

育児休業を利用して就業継続した人の割合は、40.5%から53.1%に増加。就業継続せず出産退職した人は、59.5%から46.9%に減少していることが、上のグラフから分かります。

「約60%の女性が第一子出産時に就業継続できない」
と、よく言われますが、これが、
「約47%の女性が第一子出産時に就業継続できない」
または
「約53%の女性が第一子出産時に就業継続できている」
と言われるようになるということですね。

育児休業を利用し、復職できる女性が増えたということですね。この調査は5年ごとに実施されているとのこと。5年後、どのように変化しているのでしょうか。

pencil 関連情報へのリンク

« WLB実現に向けた「3つの心構え」と「10の実践」とは? | トップページ | 田中長徳写真展「dp PRAHA」を鑑賞しました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/64217695

この記事へのトラックバック一覧です: 育休が約60%から約47%に減らしたものとは?:

« WLB実現に向けた「3つの心構え」と「10の実践」とは? | トップページ | 田中長徳写真展「dp PRAHA」を鑑賞しました »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談