« AERA共働き特集の「家事育児100タスク表」を見て思ったこと。 | トップページ | 女性活躍推進「えるぼし」3段階目認定企業一覧 »

2016年5月25日

レポート「ウーマノミクス4.0」とは

「ウーマノミクス」とは、ウーマンとエコノミクスから成る造語。ゴールドマン・サックス証券 マネージング・ディレクター チーフ日本株ストラテジストのキャシー松井さんが提唱された考え方です。この1,2年でよく耳にするようになったように思われがちですが、1999年から存在していた言葉です。先日発売されたAERA (2016年5月30日号)の共働き特集でも、「共働きで経済効果60兆円」のページで「ウーノマミクス 4.0」のレポートが引用されていました。

Img2016052401

2014年5月9日に公表された最新のレポート「ウーノマミクス 4.0」の短縮版は、ゴールドマン・サックス証券のWebサイトで読むことができます。冒頭を引用させていただくと以下のとおり。「試算では、男女の雇用格差解消により日本のGDP は13%近く増加する可能性がある」とのこと。

ウーマノミクスの経済的根拠と改善の必要な分野
日本の人口が2060 年までに30%減少し、高齢者の割合が40%へ拡大すると予想されるなか、女性の就業を促進するメリットは大きい。試算では、男女の雇用格差解消により日本のGDP は13%近く増加する可能性がある。この分野では近年、一定の進捗は見られたものの、依然としてかなりの改善余地が残っている。日本の女性就業率は諸外国に比べてまだ低く、女性リーダーの数はあまりにも少なく、男女の賃金格差は解消せず、税制の歪みが引き続き既婚女性のフルタイム就業を妨げ、女性の活躍状況に関する企業の情報開示も十分とは言えない。
引用元: Goldman Sachs Japan | グローバル展望 - ウーマノミクス4.0:今こそ実行の時  ※赤字はwindyか付与

短縮版は33ページ。下記のリンク先で読めます。興味のある方はたどってみてくださいね。

pencil 関連情報へのリンク

« AERA共働き特集の「家事育児100タスク表」を見て思ったこと。 | トップページ | 女性活躍推進「えるぼし」3段階目認定企業一覧 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/63680491

この記事へのトラックバック一覧です: レポート「ウーマノミクス4.0」とは:

« AERA共働き特集の「家事育児100タスク表」を見て思ったこと。 | トップページ | 女性活躍推進「えるぼし」3段階目認定企業一覧 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談