« 「アキラ・タカウエ写真展 - コンセプチュアル・アーバンスケープ」に行きました | トップページ | 「保育園に落ちたことがある」女性、41% »

2016年3月25日

子どもと一緒に夕食を食べることのメリットとは

子どもの孤食はできるだけ避けたいところ。以下の記事では、子どもと一緒に食事をとることのメリットが、大学の研究結果に基づき紹介されています。これは、保護者としてざっとでも目を通していた方がよさそうです。子どもと一緒に食事する5つのメリットを記事から抜き出してみると以下のとおり。

  1. 家族との食事は、若者の危険な行動リスクを下げる
  2. 家族との食事は、子どもをいじめから守る
  3. 家族との食事は、子どもの行動や感情をポジティブに
  4. 家族との食事は、成績を向上させる
  5. 家族との食事は、体も健康にする

家族との食事が、子どもをいじめからどう守るのか。2点目が特に気になるところ。詳細を見てみたところ、定期的に家族と夕食を共にする若者は、ネットいじめからの立ち直りが容易だということが、大学の研究でわかったことに基づいているようです。一緒に食事していると、会話もするし、子どもが出しているサインや変化に気づきやすいし、その結果、何かあったときの支えになるのでしょうね。、

1点目の、家族との食事が「若者の危険な行動リスクを下げる」ことについては、ミネソタ大学の研究に基づいているようです。効果を数字でみることができ、影響が分かりやすいと感じましたので、以下に引用させていただきます。

家族みんなで夕食を共にする回数が
週に0~1回の子どものリスク
vs週5回以上の子どものリスク

[1]アルコールの使用:38.0% vs 20.2%
[2]喫煙:31.4% vs 13.0%
[3]薬物使用:29.1% vs 12.0%
[4]3回以上の性交経験:30.2% vs 11.8%
[5]うつ病/自殺リスク:35.7% vs 17.5 %
[6]反社会的な行動:33.0% vs 17.5%
[7]暴力:41.8% vs 29.7%
[8]学校での問題:30.6% vs 14.6%
[9]過食や嘔吐:16.8% vs 9.8%
[10]極端な体重減少:19.9% vs 10.9%

仕事が忙しく、子どもに孤食させてことも何回かあります。できるだけ、一人で食事させないという気持ちは、この後も続けたいと思います。

pencil 情報源

« 「アキラ・タカウエ写真展 - コンセプチュアル・アーバンスケープ」に行きました | トップページ | 「保育園に落ちたことがある」女性、41% »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/63397230

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもと一緒に夕食を食べることのメリットとは:

« 「アキラ・タカウエ写真展 - コンセプチュアル・アーバンスケープ」に行きました | トップページ | 「保育園に落ちたことがある」女性、41% »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談