« 旦那様の協力を引き出した「家事育児分担図」 | トップページ | 今年の友チョコ。 »

2016年2月12日

『初期浮世絵展−版の力・筆の力−』

Img_4595s

子どもの引率で千葉市に行く機会がありました。待ち時間が2時間ほどあったので、近くで開催されている催しが何かないかなと検索したところ、千葉市美術館『初期浮世絵展−版の力・筆の力−』がヒットしました。大英博物館、シカゴ美術館、ホノルル美術館など海外から貴重な 浮世絵が里帰りする、日本初の初期浮世絵展とのこと。どんな浮世絵が、海外で日本の芸術として展示されているのでしょう。そこに興味をもったので、浮世絵が好きというわけではないのですが、行ってみることにしました。

千葉市美術館に行ったのは初めて。神殿みたいな建物なのですね。

Img_4606s

千葉市美術館は、開館20周年を迎えるのだそうです。

Img_4586s

美術館専用エレベーターで、チケット売り場のある8階まで行きます。

この展覧会は、鈴木晴信までをテーマにしているとのこと。会場は第一会場と第二会場に分かれていました。約200点が展示されているので、全部をじっくり見ようと思ったら、1時間ではとても足りません。

展示品の中で最も興味深かったのは絵本でした。美術の教科書にあるような壁にかかっているものばかりを想像していましたが、製本されて綴じられている絵本は、私にとってはなかなか新鮮でした。「見返り美人図」で有名な菱川師宣は千葉にゆかりのある方。その菱川師宣の最初の名入り本『武家百人一首』も展示されていました。

奥行きが出るように描かれているものもあり、そうでないものもあり。力強いものもあり、艶やかなものもあり。服の紋様ひとつとっても本当に様々。この展覧会ひとつでいろいろと見れてしまいます。

浮世絵に対する興味も知識も全然ですが、雅やかでない浮世絵もあるんだなぁとか、絵本として綴じられているものもあるんだなぁとか、私の浮世絵に対する知識の幅が少し広くなったんじゃないかと思います。

Img_4580s
千葉市美術館は駅からは歩くと15分ほど。JR千葉駅から中央公園までの間の道には、展覧会の案内が道しるべのように続いていました。

art 『初期浮世絵展−版の力・筆の力−』
会期:2016年1月9日(土)~2016年2月28日(日)
会場:千葉市美術館

1階にあった「さや堂ホール」の雰囲気は、気に入りました。ホームページの説明によれば、昭和2年に建てられた旧川崎銀行千葉支店の建物を保存・修復し、さらに現代の文化活動に対応できるスペースとして改修したのだそうです。

Img_4601s
Img_4599s

pencil 関連情報へのリンク

« 旦那様の協力を引き出した「家事育児分担図」 | トップページ | 今年の友チョコ。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/63196021

この記事へのトラックバック一覧です: 『初期浮世絵展−版の力・筆の力−』:

« 旦那様の協力を引き出した「家事育児分担図」 | トップページ | 今年の友チョコ。 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談