« スーパームーン2015 | トップページ | 爆弾低気圧と虹 »

2015年9月30日

保育所待機児童数、5年ぶりに増加

厚生労働省のWebサイトに、平成27年4月1日現在の保育所待機児童数が掲載されています。保育所への入所を希望しているにもかかわらず、保育所に空きがなく入所できない子どもの数(保育所等待機児童数)は全国で23,167人であり、5年ぶりに増加したそうです。保育所等待機児童数と保育所等利用率の推移は、以下のグラフのとおり。

Img2015093001

保育所等の数は前年から1,039か所増加。定員も138,830人増加しているとのこと。保育所等を利用する児童の数は2,330,658人だそうです。預け先の定員枠は増えているけれど、働きたい保護者がそれ以上に増えているということのようです。

この調査結果は、毎年見てきています。働く理由は人それぞれだと思いますが、保育園を利用したい保護者が増加している傾向はあるように思います。それに保育園の整備がそれに追いついていないのも、ここ数年、変わらない傾向のようです。

待機児童の母親を経験したことが私もありますが、保育園入所が決まるまで保育所を探し続け、とくに精神的に大変でした。あの経験からも、働きたい保護者が預け先がないために働けない状況がさらに改善されるといいなと思います。

pencil グラフの出典

« スーパームーン2015 | トップページ | 爆弾低気圧と虹 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/62381110

この記事へのトラックバック一覧です: 保育所待機児童数、5年ぶりに増加:

« スーパームーン2015 | トップページ | 爆弾低気圧と虹 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談