« 国連が決定!「管理職の5割を女性化」の衝撃 | トップページ | 降り始め。 »

2015年6月 4日

大地震等災害発生時の子どもの引渡しルール

東日本大震災のような大地震など、大きな災害が発生した場合の子どもの引渡しルールについて、小学校からお知らせが配布されました。迎えに行くまで学校待機となること。また、震度5弱以上の地震が発生した場合は、学校からの連絡がなくても引渡しとのことでした。

子どもが通う小学校の引渡しに関する概要は、以下のとおり。

  • 各家庭に被害が及ぶような大地震の場合、帰宅させず、学校待機とする。
  • 引渡しを行う場合、引渡しカードに記載されている方にだけ引渡し、記載されていない方については、好意であっても引き渡さない。記載されている方の迎えがあるまで、学校待機とする。
  • 登校前の時間帯において地震が発生し、危険が予想される場合は、自宅待機とする。
  • 電話などが通じず連絡がとれない状況も考慮し、学校からの連絡がなくても、震度5弱以上の地震が発生した場合は引渡しを行う。

勤務地が自宅から遠くなり、徒歩帰宅するにも時間がかかるため、先日、担任の先生に質問し、紙で配布してほしいと依頼していたのでした。他にも確認していた保護者がいたのかな。私からのリクエストに対応してくださったわけではないとは思いますが、はっきりしたのはいいなと思います。

« 国連が決定!「管理職の5割を女性化」の衝撃 | トップページ | 降り始め。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/61687413

この記事へのトラックバック一覧です: 大地震等災害発生時の子どもの引渡しルール:

« 国連が決定!「管理職の5割を女性化」の衝撃 | トップページ | 降り始め。 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談