« 妊婦の3.1%、パートナーの47.6%が喫煙 | トップページ | 子どもにiPhoneを渡す前にすべきことは?『その時の場面集』で確認を »

2015年6月12日

いじめで困ったときは「24時間子供SOSダイヤル」

「24時間子供SOSダイヤル」をご存知でしょうか。いじめで困ったとき、不安で誰かに相談したいときなど、悩みを抱える子どもや保護者が相談できる電話番号です。夜間も休日も24時間つながるそうです。

クラスの子がいじめにあっていると見たり感じたり、自分や友人の安全に不安があったりしたら、ひとりで悩まずに先生やお父さん・お母さんに相談しましょう。話しにくいときには、いつでも電話で相談できる「24時間子供SOSダイヤル0570-0-78310(なやみいおう)」に相談してみましょう。
引用元: いじめ問題を含む子供のSOSに対する文部科学省の取り組み:文部科学省

Img2015061102

24時間、受け付けていただけるというのはありがたいですね。

◆「SOS」って何の略?

ところで、「SOS」は、国際避難信号。最初に打電したのがタイタニック号というのは有名な話です。Save Our Shipsの略だという説もあるようですが、日本船主協会のWebサイトによれば、「単に打電しやすく聴き取りやすいモールス符号の組み合わせで、特別な意味はない」とのこと。知らなかった。特に意味はないのですね。

「SOS」のモールス符号は「・・・---・・・」。たしかに、無線やモールス符号を良く知らない人でもわかりやすそうです。打ちやすく聞き取りやすいために用いられていた「SOS」。「SOS」のモールス信号は、現在はほとんど使われることがなくなっているとのこと。「SOS」という意味のなかった言葉だけが、助けを求める合図という意味を生活の中に残しているのですね。

Googleには日本語入力のモールスバージョンがあるようです。試してみたところ、「ツーが短すぎます。もう少し長く押しましょう。」とか、言われてしまいました。。。難度、高いかもsweat01 この入力方法を紹介しているページのファイル名が「-.-.html」。モールス符号になっていました。楽しいかもですが、やはり普通の日本語入力の方が入力しやすいですよね。

clip Google 日本語入力 - モールスバージョン
  https://www.google.co.jp/ime/-.-.html

◆新しいポスターが作られた理由

話がそれましたが、相談窓口の電話番号は、何かのときに相談できる電話番号として、メモしておくといいかも。

「24時間子供SOSダイヤル」の最新のポスターは以下のとおり。今年、川崎市で起きた事件で、子どもが気づいていたけれど大人が気づいていなかったことを受けて、新たに作成されたのだそうです。

Img2015061101

出典: 文部科学省のWebサイト

pencil 関連情報へのリンク

« 妊婦の3.1%、パートナーの47.6%が喫煙 | トップページ | 子どもにiPhoneを渡す前にすべきことは?『その時の場面集』で確認を »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/61729064

この記事へのトラックバック一覧です: いじめで困ったときは「24時間子供SOSダイヤル」:

« 妊婦の3.1%、パートナーの47.6%が喫煙 | トップページ | 子どもにiPhoneを渡す前にすべきことは?『その時の場面集』で確認を »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談