« マタハラ被害支援の小酒部さんが「世界の勇気ある女性賞」を授賞 | トップページ | 女子は「優秀だけど採らない」という現実 »

2015年3月 6日

出産適齢期などの知識もっと教科書に

出産適齢期などの知識を学校の教科書にもっと盛り込んでほしいという要望書を、日本産科婦人科学会など9つの団体が有村少子化担当大臣に手渡した、というニュース記事を読みました。現在、どの程度、書かれているのかしら。そう思ったので、上の子の保健体育の教科書を借りて見てみました。載っていたのは、年齢別にみた自然死産率のグラフ。

Dscf1890s

グラフには「出産時の母親の年齢によって死産率は異なっている。」という説明が添えられています。教科書の本文の記載は以下のとおり。

さらに、性機能の成熟もたいせつな要件となります。高校生の時期から健康づくりにつとめ、妊娠・出産・育児といった、結婚にともなっておこりうるさまざまなできごとを、良好な状態で迎えられるようにしたいものです。
グラフの出典と情報元: 大修館書店 現代保健体育

実際の授業で先生が補足するのかもしれませんが、少なくとも教科書の内容だけだと、「妊娠する能力は30代以降は下がる」「年齢が高くなると不妊症や流産などの確率が上がる」ということは、分からないのではないかと思いました。

知識がないために起こっていることは、中学校や高校で学べるといいのではないかと思っています。出産適齢期だけでなく、子育て、キャリア形成などについても。

pencil 関連情報へのリンク

« マタハラ被害支援の小酒部さんが「世界の勇気ある女性賞」を授賞 | トップページ | 女子は「優秀だけど採らない」という現実 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/61236169

この記事へのトラックバック一覧です: 出産適齢期などの知識もっと教科書に:

« マタハラ被害支援の小酒部さんが「世界の勇気ある女性賞」を授賞 | トップページ | 女子は「優秀だけど採らない」という現実 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談