« ネットショッピングで東北被災校支援「ウェブベルマーク」 | トップページ | 「チャレンジタッチ」の安心安全をお試し!(2) »

2015年1月10日

タブレットで学ぶ通信教育「チャレンジタッチ」の安心安全をお試し!

Imgp0071s

タブレットで学ぶ通信教育「チャレンジタッチ」を試せる、ベネッセコーポレーションのモニターキャンペーンに参加しています。

◆サイズと重さ

意外と大きくて重いのですね。だいたいB5サイズ。重量は約750gとのこと。上の写真はiPhone5を乗せてみたところです。タブレットだということだったので、もう少し小さくて軽いのかと思いこんでいました。

チャレンジタッチの厚さは16mm。専用の青色のタブレットカバーを付けると、25mmくらいになります。下の写真は、上から、iPad mini、チャレンジタッチ、Ultrabookと重ねてみたところです。

Imgp0069s
チャレンジタッチは、子どもが抱えて持ち歩けるくらいの大きさです。丈夫なつくりをしている、という感じがありました。

Imgp0066s

◆Wi-Fiに接続

チャレンジタッチを使うためには、無線LAN(Wi-Fi)環境が必須です。LANケーブルでの接続はできません。ブロードバンド(ADSL、光ファイバーなど)の常時接続可能な通信環境と、無線LAN(Wi-Fi)環境(IEEE 802.11b/g/n)があることが前提になっています。

チャレンジタッチを充電して電源を入れると、Wi-Fiに接続するように促されます。我が家の場合はすでにWi-Fi環境がありますので、ササッと接続完了できてしまいました。「近くのネットワークから接続する」を選択し、表示されているネットワークからSSIDを選択し、パスワードを入力するだけ。操作はすべて専用タッチペンで行いました。

Imgp0067s

◆教材を受信して学習開始

すぐに1月号の教材が配信されてきました。実際には、チャレンジタッチの場合、25日に教材が配信されてくるそうです。

教材が配信されてきたときだけでなく、学習する際にはいつも、無線LAN(Wi-Fi)環境が必要です。その都度、コンテンツのダウンロードがあるためだそうです。

Imgp0068s
◆インターネット接続の安全性をチェック

子どもだけでなく、私も使ってみました。チャレンジタッチは、インターネットに接続できるチャレンジパッドを使って、一人で学習を進められるときいていました。ならば、子どもがひとりで使っても安全なのか、安心して使えるのかを確認したかったから。

で、わかったこと。チャレンジタッチのタブレットは、文字どおり、学習専用のタブレットなんですね。チャレンジの学習以外の目的では、インターネットはできない仕組みになっているようです。コンテンツを受信したり、学習報告をしたりするのにインターネットに接続するようですが、たとえば、Googleなどの検索サイトを使っての調べ学習などは、チャレンジタッチではできない仕組みになっているようです。これなら、保護者がついていなくても安心に使えそうです。

長くなってしまいましたので、子どものカラダへの配慮や使い勝手のチェック、「チャレンジ」と「チャレンジタッチ」の比較、学習の感想などについては、別の記事でレポートしますね。

つづく。。。

pencil このブログの関連記事

pencil 関連情報へのリンク

« ネットショッピングで東北被災校支援「ウェブベルマーク」 | トップページ | 「チャレンジタッチ」の安心安全をお試し!(2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/60921750

この記事へのトラックバック一覧です: タブレットで学ぶ通信教育「チャレンジタッチ」の安心安全をお試し!:

« ネットショッピングで東北被災校支援「ウェブベルマーク」 | トップページ | 「チャレンジタッチ」の安心安全をお試し!(2) »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談