« 画面の右下に広告が表示されて困りました。 | トップページ | 民間企業の女性管理職7.5%、過去最高 »

2015年1月29日

「世界は女性の時代へ」

日本青年弁論大会のテーマは、今年は「世界は女性の時代へ―私の提言」だったそうです。入賞者の弁論の要旨がWeb「正論」に掲載されています。

clip 第31回土光杯全日本青年弁論大会の要旨 - Web「正論」

中でもいいなと思ったのが以下の主張。

現状の扶養控除を中心とする税制では専業主婦の所得に制限があり、母の価値を母の稼ぎで決める税制度になっています。稼ぐ母も、料理上手な母も、等しく尊い母なのです。
引用元:【第31回土光杯】産経新聞社杯「専業主婦を輝かせる税制の創出」法政大学経済学部4年・田中航(わたる)さん - 産経ニュース

「稼ぐ母も、料理上手な母も、等しく尊い母」

そうそう、会社での評価だけが、自分の評価じゃないのですよね。

食事をつくったり、看病したり、…
特別なことではないかもしれないけれど、
 子どものために大切なことをした
 家族のために大切なことをした
 誰かのために大切なことをした
など、会社以外でやった「大切なこと」も、自分を評価するときの対象に加えてあげたらいいと思うのです。

« 画面の右下に広告が表示されて困りました。 | トップページ | 民間企業の女性管理職7.5%、過去最高 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/61047107

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界は女性の時代へ」:

« 画面の右下に広告が表示されて困りました。 | トップページ | 民間企業の女性管理職7.5%、過去最高 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談