« 問題:母親の体内の、子どもの育ち方を調べます。 | トップページ | 「自己実現」×「産め働け育てろ」のプレッシャーは女性だけに »

2014年12月17日

中高生の成績に差、「ネット利用時間の長さ」と「コミュニケーション系ながら行動」

中学生・高校生の生活に、ICT(情報通信技術、Information and Communication Technology)はどのような影響を与えているのでしょうか。ベネッセ教育総合研究所が実施した「中高生のICT利用実態調査2014」によれば、「インターネットの利用時間の長さ」と「コミュニケーション系ながら行動」が、成績に影響を与えているようです。

Img2014121701

上のグラフは、インターネットやメールの利用時間と成績の関係をみたものです。中学生では、成績中位・上位では1時間以下が半数以上を占めていますが、成績下位では2時間以上が6割近くを占めています。

また、下のグラフは、ながら勉強に関する調査結果です。「音楽視聴系ながら行動」をしながら勉強する生徒に特に成績の差は見られませんが、「コミュニケーション系ながら行動」をしながら勉強する生徒には成績の差があるようです。

Img2014121702
「コミュニケーション系ながら行動」には、LINE・Facebook・mixiを見ながら、書きながら、という行動が分類されています。

中高生のLINE利用傾向は高く、インターネットを使っている生徒についてみてみると、毎日使っている中学生は45.7%、高校生では67.3%にも上ります。この傾向は、保護者として抑えておく必要があるようです。詳しくは、下のリンクをたどってみてくださいね。

pencil グラフの出典&情報源

« 問題:母親の体内の、子どもの育ち方を調べます。 | トップページ | 「自己実現」×「産め働け育てろ」のプレッシャーは女性だけに »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/60822562

この記事へのトラックバック一覧です: 中高生の成績に差、「ネット利用時間の長さ」と「コミュニケーション系ながら行動」:

« 問題:母親の体内の、子どもの育ち方を調べます。 | トップページ | 「自己実現」×「産め働け育てろ」のプレッシャーは女性だけに »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談