« 本日、夕刻、西の空。 | トップページ | 「ネウボラ」とは? »

2014年10月18日

吉田繁写真展「BORDER」に行きました。

Dscf1264s

吉田繁さんの写真展「BORDER」を見に行きました。東日本大震災後、海辺で撮られた写真を拝見し、人と自然の境界線、そして共存するために必要なことを再考させられました。

camera 吉田 繁 写真展 「BORDER」
 
  会場: エプソンイメージングギャラリー エプサイト
 会期: 2014年10月3日~2014年10月23日
      日曜日休館、入場無料
 時間: 10時30分~18時(最終日15時まで)

東日本大震災後から海辺で撮影を続けている、人間の住む世界と、荒々しい神の世界ともいうべき自然との境界線(border)を描くためだ。海に向かって祈る人は、今の世界に最も必要なのではないか、と考え、この最新作に結実させた。
引用元: 2014年 | 展覧会情報 | epSITE | エプソン 

「地球はもうこれ以上、成功者を必要としていません。地球が切に望んでいるのは、たくさんの平和を作る人、癒す人、修復する人、物語る人、そして愛する人たちです。」という、ダライ・ラマの言葉があるそうですね。吉田さんの展示の説明によれば、これに「祈る人」を追加してもいいんじゃないかと考えたとのこと。なるほど。。。

今、自分ができることは何か、を、改めて考えさせられました。このところずっとバタバタしていて、自分のこと、ちゃんと考えていなかった気がするし。。。

吉田さんの写真展の会場は、新宿のエプソンイメージングギャラリー エプサイト。デジカメのレンズを修理に出しにリコーイメージングスクエア新宿まで出かけた日に、立ち寄らせていただきました。

この写真展の写真のプリントには、和紙、コットン紙、漆喰紙など複数の紙がプリントに使われていました。コーナーごとに違う紙が使われているようです。これがとても勉強になりました。紙の違いでこんなにも写真の表情が変わるんですね。。。会場の入り口付近に紙の説明があり、あまり知識のない私でも違いを理解することができました。お店に置かれているプリントのサンプルよりもずっと、参考になった気がします。

写真展なので写真だという先入観で見ていましたが、この先入観がなかったら、絵だと思ってしまうような作品もありました。

展示の様子やプリント用紙の詳細は、以下のエプソンさんのブログで、写真入りで詳しく見ることができます。

camera Epson Proselection Blog エプサイトギャラリー・吉田繁写真展「BORDER」

帰宅後、以前、あるイベントで頂いたまま使っていなかったアート紙「VELVET FINE ART PAPER」を出してきて、触れてみました。全然違う。って、当たり前かsweat01 透明感を出したい写真のプリントが多かったせいもあり、ずっと「クリスピア」ばかりを使っていたため、アート紙とかは使ったことがありませんでした。作品ごとにちゃんと考えないとですね。

紙の用い方・選び方の勉強になった展示でした。

pencil 関連情報へのリンク

B002DR5MDI EPSON 写真用紙クリスピア<高光沢>A4 50枚
エプソン  2009-07-23
B006Z1ZVOS EPSON Velvet Fine Art Paper A4 10枚
エプソン  2012-03-08

pencil このブログの関連記事

« 本日、夕刻、西の空。 | トップページ | 「ネウボラ」とは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/60499521

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田繁写真展「BORDER」に行きました。:

« 本日、夕刻、西の空。 | トップページ | 「ネウボラ」とは? »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談