« 「IRODORI」展、スタートしました! | トップページ | Photobackで写真集づくり♪ »

2014年9月 3日

女性閣僚は歴代最多5人。男女平等指数を上げることができるか

9月3日、第二次安倍改造内閣が発足しました。女性閣僚は歴代最多に並ぶ5人。この増加は、先進国最低レベルの、日本のジェンダー・ギャップ指数(男女平等指数)の向上に寄与するでしょうか。

pencil 第2次安倍改造内閣 閣僚名簿 - 首相官邸

日本は、社会進出や政治参加における性別格差が大きい先進国です。これは、世界経済フォーラムが毎年発表しているジャンダー・ギャップ指数を見ても明らか。2013年の日本の総合順位は136カ国中105位とのこと。先進国最低レベルが続いてきています。

Ggr201303

引用元&グラフの出典: The Global Gender Gap Peport 2013(full report)(PDF) P.236-237.

このジャンダー・ギャップ指数には、4つの指標があります。2013年のデータによれば、各4つの指標に対する日本の順位は、以下のとおり。

ECONOMIC PARTICIPATION
AND OPPORTUNITY
104位
EDUCATIONAL ATTAINMENT 91位
HEALTH AND SURVIVAL 34位
POLITICAL EMPOWERMENT 118位

4つの指標のうち、POLITICAL EMPOWERMENTを少し掘り下げてみます。上位を占める北欧三国と日本だけ抜き出してみると、スコアは以下のとおり。スコアが1に近づくほど、男女平等なのだそうですから、日本はかなり低めであることが見て取れます。

CountryScoreRank
Iceland 0.7544 1
Finland 0.6162 2
Norway 0.5616 3
Japan 0.0603 118

ジャンダー・ギャップ指数はひとつの目安ですが、男女比が0.52:0.48であることを考えると、女性の国政への参加率が低いのは事実です。

「社会のあらゆる分野で2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%以上とする」という目標を、今年1月の施政方針演説で安倍首相は掲げています。この後の動きや、他への影響が気になるところです。数値目標を達成するために、女性の大変さが増さないことを期待します。

pencil このブログの関連記事

pencil 関連情報へのリンク

« 「IRODORI」展、スタートしました! | トップページ | Photobackで写真集づくり♪ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/60256303

この記事へのトラックバック一覧です: 女性閣僚は歴代最多5人。男女平等指数を上げることができるか:

« 「IRODORI」展、スタートしました! | トップページ | Photobackで写真集づくり♪ »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談