« スナップ写真に導かれ、千畳敷カールへ | トップページ | 新基準準拠「漢検トレーニング」、予約しました »

2014年9月15日

「IRODORI」展をふりかえって

Imgp6768s

写真展「IRODORI ~目に写る色、真を映す色~」、終了しました。お越しくださった方、応援してくださった方、ありがとうございました。

展示までの一連の作業は、自分の写真、そして自分自身と向き合う良い機会になりました。まだまだ勉強することがたくさんありそう。。。

出展した作品を、少しだけ紹介させていただきますね。

clover 写真: テーマ「空(air)」
(ワイド四つ切、撮影:Pentax K-30, 1点だけiPhone5)

Imgp6795s

clover フォトブック
(4冊ともPhotobackのサービスを使用

Imgp6745rs
  以下のリンク先で「閲覧できるようにしてあります。

  pen フォトブック閲覧ページへのリンク

  • 千畳敷カール - Photoback
    日本アルプスの千畳敷カールをトレッキングしたときの記録です。高山植物のお花畑と、山の稜線と眺めが素敵でした。表紙に使っているのは、iPhone5で撮影したパノラマ写真の一部です。
  • 石垣・西表の旅 - Photoback
    川平湾、マングローブ林、月が浜、星砂の浜などで過ごした時間を記録しました。
    離陸・着陸時の写真は、フィルムカメラRollei 35S(ローライ35S)で撮影しています。
  • SKY & LINE - Photoback
    空とラインをテーマに、Instagramに投稿した写真をまとめました。すべてiPhoneで撮影したものです。

clover ふりかえってみて

展示は楽しく、また、学びの多いものでした。

職種が異なる仲間と一から企画し作り上げていくことは、得難い経験を私に与えてくれました。普段のコミュニケーションの取り方、情報共有方法なども、職場や違うコミュニティでやっているようにはいきません。また、プレスリリース作成や宣伝は、仕事では担当したことがなかったので、よい経験になりました。「売り子」はしたことがあるけれど、「売り込み」はしたことなかったのですよね(^^;

展示を見に来てくださった方々が聞かせてくださった話も、貴重なものでした。よい出会いもありました。

展示する写真を選ぶ過程、そして展示期間は、写真を通じて「自分と向き合う時間」でした。自分の幹が揺るぎないものになっていないことを、否応なしに突き付けられました。しんどいことでした。だからこそ、得られる学びです。写真を介してでなくてもいいから、こういう時間を繰り返し持つことは、自分を満足させる自分に近づくのによいプロセスの一つだと、私は考えています。時間を確保しなくてはねsweat01

記憶を呼び起こすための記録。その手段の一つが写真です。たとえば、家族や知人が写真を見返したときに、楽しかった時間も一緒に思い出してくれたらいいな。大切なのは思い出の方。それを導くきっかけになるような写真を撮れたらいいなと思います。放っておくと家猫のように外に出ない生活になってしまいそうな私。ですので、外に出る理由をみつけては、頑張って出かけるようにしています。そのおともにデジカメを。

pencil お世話になった方々、使用したサービス、ツールなど

clover このブログの「IRODORI」展 関連記事

pencil 写真展情報の掲載サイトへのリンク

« スナップ写真に導かれ、千畳敷カールへ | トップページ | 新基準準拠「漢検トレーニング」、予約しました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/60316030

この記事へのトラックバック一覧です: 「IRODORI」展をふりかえって:

« スナップ写真に導かれ、千畳敷カールへ | トップページ | 新基準準拠「漢検トレーニング」、予約しました »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談