« 「ホットロード」との出会い | トップページ | 航空機内での電子機器使用制限が緩和、スマホ・デジカメ使用可能に。2014年9月から。 »

2014年8月 7日

児童虐待相談対応件数73,765件、23年連続で増加

2013年度(平成25年度)に、全国207箇所の児童相談所で対応した児童虐待相談対応件数は、速報値で73,765件だったそうです。件数の推移は、以下のグラフのとおり。23年連続で増加しており、今年も過去最多を記録したとのことです。

Img2014080701

出典:平成25年度の児童相談所での児童虐待相談対応件数等 - 厚生労働省 報道発表資料 (2014年8月4日)

この増加の原因について、MSN産経ニュースの報道によれば、厚生労働省は、虐待が依然として減らないことに加え、「社会的な関心の高まりや警察との連携が進み、通報で発覚するケースが増えたため」と分析しているそうです。

後者の場合が増えたためだろうと推測していたのですが、虐待そのものも増えているのですね。。。

以下のe-woman(イー・ウーマン)の記事は、児童相談所を知るための参考になります。読み応えがありますよ。
clover e-woman 佐々木かをり対談 win-win
  
第122回 児童相談所 心理職 鈴木 淳子さん

児童虐待に関する相談・通告は、
児童相談所で受け付けてくれます。
困った時には相談を、「おかしい」と感じたら通告を。

telephone 児童相談所全国共通ダイヤル
  Tel: 0570-064-000

Img2010110102しつけという名目で、児童虐待ととれることをしてしまっていないか、自分の子育てを振り返ってみると、いいのかもしれません。自分の気持ちに気づくかも。

児童相談所の方と以前話をしたことがあるのですが、その方によれば、「通報すると、パトカーが来ますので、それなりの覚悟を」とのこと。

◆児童相談所一覧
引用元: 厚生労働省

◆「子どもを虐待から守る5か条」
引用元: 厚生労働省リーフレット

 一、「おかしい」と感じたら迷わず連絡(通告)
    →「通告は義務=権利」 
 ニ、「しつけのつもり…」は言い訳
    →「子どもの立場で判断」 
 三、ひとりで抱え込まない
    →「あなたにできることから即実行」 
 四、親の立場より子どもの立場
    →「子どもの命が最優先」 
 五、虐待はあなたの周りでも起こりうる
    →「特別なことではない」

pencil 関連情報へのリンク

Orangeribbon

« 「ホットロード」との出会い | トップページ | 航空機内での電子機器使用制限が緩和、スマホ・デジカメ使用可能に。2014年9月から。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/60110305

この記事へのトラックバック一覧です: 児童虐待相談対応件数73,765件、23年連続で増加:

« 「ホットロード」との出会い | トップページ | 航空機内での電子機器使用制限が緩和、スマホ・デジカメ使用可能に。2014年9月から。 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談