« みょうがのピクルス | トップページ | 子育てしながら働く姿勢、「甘え」と「できないこと」の違いを常に考える »

2014年6月23日

高田啓一写真展「夢を追いかけて」で、心に強く残った言葉

先日、新宿ニコンサロンで開催されていた『高田啓一写真展「夢を追いかけて」』に立ち寄らせていただきました。学生さんを写したモノクロ写真と添えられた文章。60~70点あったでしょうか。会場の中をぐるりと回った後、心に強く残った言葉がありました。

「情報は健常者のためだけのものか」

R0017580s

この写真展は、「夢を追いかけて努力しているろう学生の姿と学生たちの思い」が展示されているのだそうです。

「情報は健常者のためだけのものか」

もちろん違う。この言葉に、不意打ちをくらったような気がしました。思考の鎖の輪が、普段とは違う場所につながったみたいな感じがしました。そして、何かに連鎖して、視野が狭くなっていた自分に、ふと、気づかされました。

camera 高田啓一写真展「夢を追いかけて」
 新宿 2014年6月10日(火) ~6月23日(月)
 大阪 2014年10月9日(木) ~10月15日(水)
 10:30~18:30(最終日は15時まで)

とある用事があって、先週末、新宿まで出かけました。待ち時間がそれなりにあったので、その時間を利用して、写真展などを数か所、回ったのです。どの写真展も予備知識を持たずに会場に行きました。その中で、受け取ったメッセージが一番強かったのは、高田さんの写真展でした。

※新宿開催の最終日の投稿になってしまいました。。。大阪開催もあるようです。

pencil 関連情報へのリンク

pencil このブログの関連記事

« みょうがのピクルス | トップページ | 子育てしながら働く姿勢、「甘え」と「できないこと」の違いを常に考える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/59859124

この記事へのトラックバック一覧です: 高田啓一写真展「夢を追いかけて」で、心に強く残った言葉:

« みょうがのピクルス | トップページ | 子育てしながら働く姿勢、「甘え」と「できないこと」の違いを常に考える »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談