« 湯島天満宮に初詣。梅の花一輪。 | トップページ | 未妊レポート2013、今すぐにでも子どもを持ちたい既婚女性は84.0% »

2014年1月 6日

初心者のためのデジタル一眼レフ選び「4つの視点」

初心者のためのデジタル一眼レフの選び方が、All Aboutに掲載されています。私がデジタル一眼レフを購入したとき、ちゃんと理解していなかったために重要度を下げていた視点が真っ先に紹介されていたので、自分の素人度合いにちょっとかなり凹みました。。。その視点とは?

視点1: 交換レンズから一眼レフを選ぶ
初めて一眼レフを購入するときに考慮すべきことに、どんなレンズを使って写真を撮りたいのかが大切です。ニコンの一眼レフを買うということは、ニコンのレンズを選ぶということです。あなたが将来、交換レンズを3本購入したとすれば、その合計価格は一眼レフボディを上回ってしまいます。レンズ資産を活かすためには、次回も同じメーカーの一眼レフを購入することになります。つまり、初めて選んだ一眼レフから別のメーカーに乗り替えることは容易ではないのです。あなたがスイーツや料理、昆虫や花を撮りたいなら優秀なマクロレンズが揃うメーカーの一眼レフを選ぶべきです。雄大な風景や、建築物を撮るなら広角レンズをチェックすべきです。…略… さらにシグマやタムロンなどのレンズ専業メーカーからも交換レンズが発売されていますが使えるメーカーは限られています。一眼レフを選ぶ時に、同時にレンズカタログも手に入れて、将来的に欲しいレンズがあるかどうかを確かめてください。
引用元: もう迷わない! 初心者のための一眼レフの選び方 [デジタル一眼カメラ] All About(2013年12月16日)

当時の私は、どんな写真を撮りたいか、どんな目的に使いたいかは考えたけれど、そのためにどんなレンズを選べがいいのかまでは、あまり考えなかったなぁ。購入するメーカーによって、選べるレンズに限界があるなんて、思っていなかったなぁ。。。

当時は、今よりももっと、カメラの知識もレンズの知識もなくて。本や雑誌やネットの情報を読んでも、ほとんど分からなくて。ならば、使いながら知識を身に付けようと考えたのです。だから、エントリーモデルのレンズキットを選びました。あれこれ悩んだ挙句、最後は、持ちやすさで決めました。

今なら、購入前に、もっとレンズのことも調べるなぁ。

去年、デジイチを買い換えました。他のメーカーさんのデジイチも魅力的でしたが、持っているレンズを活用することを優先して、結局、最初に買ったメーカーと同じメーカーのデジイチを選びました。レンズはあまり持っていませんが、それでも、レンズを買いなおすとなると、経済的にかなりシンドイのでsweat01sweat01sweat01

最初に購入した一眼レフから別のメーカーに乗り換えることは容易ではないです、はい。身をもって感じております。

他の3つの視点は、以下のとおり。詳しくは、引用元の記事をお読みくださいね。

視点2: ステップアップを目指す一眼レフ
視点3: プロのサブ機にもなる実力派一眼レフ
視点4: 買い換え不要のプロ向けモデル

もちろん、「道具」が良いに、こしたことはないと思います。ですが、お金と時間には限りもあることですし、今使っているデジカメに不満があるわけではない。物欲がないわけではないけれど、腕があがるまで、当分、今のカメラとレンズを使って、どう撮るか、どう表現するか、を、考えながら修行していきたいです。楽しみながら。

pencil このブログの関連記事

« 湯島天満宮に初詣。梅の花一輪。 | トップページ | 未妊レポート2013、今すぐにでも子どもを持ちたい既婚女性は84.0% »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/58897609

この記事へのトラックバック一覧です: 初心者のためのデジタル一眼レフ選び「4つの視点」:

« 湯島天満宮に初詣。梅の花一輪。 | トップページ | 未妊レポート2013、今すぐにでも子どもを持ちたい既婚女性は84.0% »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談