« 「ピンクリボンのお宿」とは? | トップページ | 夫が望むだけの家事・子育てをしなければ離婚の理由になる? »

2014年1月14日

子どもの学習費、公立と私立で3.36倍の差!

文部科学省が隔年で実施している子どもの学習費調査の結果が、1月10日、Webサイトから公開されました。この調査によれば、子ども一人当たりの学習費総額は、すべて公立に通った場合は約500万円、すべて私立に通った場合は1,677万円になるとのこと。両者では約3.36倍もの差があります。

Img2014011401
clip 平成24年度 子どもの学習費調査 結果の概要:文部科学省

前回の調査と学習費総額を比較してみると、ケース1(すべて公立)は504万円から500万円に、ケース6(すべて私立)は1,704万円から1,677万円に、学習費総額は少し減っているようです。公立ではほぼ横ばい。私立では幼稚園・小学校が減少、中学・高校が増加傾向にあるようです。

かかるお金だけでみると、できるだけ公立に行ってほしいなぁ。。。実際には、かかるお金だけで判断することはせず、子どもと相談して一緒に決めることになると思います。いずれのケースにしても、稼いでおかなければ。そして稼げるカラダと環境を維持せねばcoldsweats01

高校無償化(公立高等学校授業料無償制・高等学校等就学支援金制度の導入)の影響は、以下のグラフで見ることができます。高校の学校教育費が、平成22年以降、減少しているのがわかります。

Img2014011402

この調査での用語は、以下のとおりです。

  • 学習費=学校教育費+給食費+学校外活動費
  • 学校教育費
    子どもに学校教育を受けさせるために支出した経費(授業料、入学金、学用品費、通学用品費など)
  • 学校給食費
    幼稚園、小学校、中学校において、保護者が給食費として学校に納付した経費
  • 学校外活動費
    保護者が、子どもの学校外活動のために支出した経費

子どもの学習費調査結果の詳細は、以下のリンクをたどってみてくださいね。

pencil 情報源&グラフの出展

« 「ピンクリボンのお宿」とは? | トップページ | 夫が望むだけの家事・子育てをしなければ離婚の理由になる? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/58936929

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの学習費、公立と私立で3.36倍の差!:

« 「ピンクリボンのお宿」とは? | トップページ | 夫が望むだけの家事・子育てをしなければ離婚の理由になる? »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談