« 今年最も輝いた日本人女性は?「VOGUE NIPPON Women of the Year」 | トップページ | 残業削減に効果的でも実施されていない取組みとは? »

2013年12月15日

赤ちゃんの“命”を撮りたい

宮崎雅子さんは、命の誕生の瞬間を30年近く撮り続けてこられた写真家です。その宮崎さんの密着取材記事がNHK NEWS Webに掲載されています。紹介させていただきますね。『レンズを見つめる瞳』『「愛らしさ」を共有したい』の写真に映っている二人の赤ちゃん、かわいらしいですね。「みんな頑張って」という宮崎さんの気持ちが伝わってくるかのようです。

clip 赤ちゃんの“命”を撮りたい NHKニュース (2013年12月9日)

宮崎さんの写真は、“命”を感じることができる写真だと私は思います。多くの方々に見ていただきたいな。とくにお母さん方に。妊婦さんの写真、出産を取り巻く様子をとらえた写真などを見ていると、命を授かったとき、赤ちゃんだった子どもを育てていたときの、自分のいろんな思いを再体験したような感じになるから。

そこ(GCU(=回復期治療室))で出会ったこの赤ちゃん。綿棒に含ませたミルクを飲む訓練をしていました。
管で酸素を補給していますが、固定するためのテープには花や猫の絵が描かれていました。 病院での撮影を続けている宮崎さんにとっては、なじみのある光景だといいます。
「赤ちゃんたちは、あくびをしたり、動いたり、本当にさまざまな表情を見せます。医療用のテープなどに施されている工夫には、家族へのメッセージが込められているのかもしれません。

「家族へのメッセージ」という部分を読んで、総合病院の小児科の病室で、医療用テープを見つめていた自分のことを、ふと思い出しました。私事で恐縮ですが、うちの子が0歳6か月だったとき、数日間、子どもが入院したことがありました。そのとき、点滴の針を固定するため、子どもの手には医療用のテープが巻かれていました。それが痛々しくて。その手を見つめながら、病室でずっと自分を責めていたのです。私が予防接種に連れて行かなければ、百日咳をうつされることなんてなかったのに、と。
その医療用テープに、もしも手書きで花や猫が描かれていたら? お医者様か看護師さんのどなたかの心遣いに、心が和んだかもしれませんね。それでもまだ、私は自分を責めただろうけど。

こんな感じに、当時の“自分”が、ズルズルと今の自分の前に引きずり出される感じ。嫌なことはできるだけ忘れて、前をみて、前へ前へと進んでいきたい気持ちに変わりはないけれど、頑張っていた自分を振り返るのも悪くないですね。たまには。
母親である私は、宮崎さんの写真から、そういうきっかけを頂くことが多い気がします。今回の記事でもまた、そうでした。

pencil 関連情報へのリンク

Mother いのちが生まれる
写真集

宮崎 雅子
医学書院  2011-11-11
4260014447

pencil このブログの関連記事

« 今年最も輝いた日本人女性は?「VOGUE NIPPON Women of the Year」 | トップページ | 残業削減に効果的でも実施されていない取組みとは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/58760161

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんの“命”を撮りたい:

« 今年最も輝いた日本人女性は?「VOGUE NIPPON Women of the Year」 | トップページ | 残業削減に効果的でも実施されていない取組みとは? »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談