« 赤ちゃんの“命”を撮りたい | トップページ | 不登校の児童・生徒、17万人 »

2013年12月18日

残業削減に効果的でも実施されていない取組みとは?

「ワーク・ライフ・バランスに関する意識調査」の結果が、内閣府のWebサイトに掲載されています。この結果によれば、「残業削減に効果的」と考える人が多い取組みであっても、実際には行われていないと感じているものが、いくつかあるようです。具体的には、以下のとおり。

Img2013121802

効果的だと思う人と、取り組んでいると思う人の割合の差が多い順に、5つ挙げてみると以下のとおり。

  • 短時間で質の高い仕事をすることを評価する(22.8%)
  • 担当者がいなくとも他の人が仕事を代替できる体制づくり(18.7%)
  • 業務時間外会議の禁止(17.3%)
  • 部下の長時間労働を減らした上司を評価する仕組み(16.8%)
  • 長時間労働をさせた上司への罰則/ペナルティ(15.9%)

たしかに、これらはどれも、残業時間の削減に効果がありそう。とくに、一つめの「短時間で質の高い仕事をすることを評価する」って、とっともいいと思います。でも、公平に評価されるかが難しそう。。。正しく評価することの難しさが、ここにもあるのでしょうね。。。

pencil グラフの出展&情報源

pencil 関連情報へのリンク

« 赤ちゃんの“命”を撮りたい | トップページ | 不登校の児童・生徒、17万人 »

コメント

「短時間で質の高い仕事」って集中力が必要だから、疲れるんですよねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/58779315

この記事へのトラックバック一覧です: 残業削減に効果的でも実施されていない取組みとは?:

« 赤ちゃんの“命”を撮りたい | トップページ | 不登校の児童・生徒、17万人 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談