« 汐留シティセンタービルのイルミネーション | トップページ | 「地域少子化対策強化交付金(仮称)」新設、少子化対策のアイデアに最大4000万円 »

2013年12月22日

Caretta Illumination 2013 「魚たちはクリスマスの夢をみる」

Imgp0824s

カレッタ汐留のイルミネーション。今年のショーはインタラクティブ3Dプロジェクションマッピングが採用されていました。建物の壁面全体に夢のある映像が投影されるだけでなく、観客の拍手の音で映像が変化する参加型のプロジェクションマッピングでした。参加型という点が他とは違っていて興味深いと思いました。

xmas Caretta Illumination 2013
  INTERACTIVE 3D  PROJECTION MAPPING

   魚たちはクリスマスの夢をみる
   White X'mas in the sea.
    2013年11月15日~2013年12月25日
    カレッタ汐留 B2F カレッタプラザ
  URL: http://www.caretta.jp/illumi2013/

プロジェクションマッピングは、魚たちがクリスマスに憧れ、海の中でクリスマスをやろうとするストーリーです。ショーは、17時から、20分間隔で5分間ずつ開催されます。

Imgp0806s

建物に映し出される映像をみるだけのプロジェクトマッピングとは異なります。拍手の音に反応して映像が変化します。たとえば、拍手をすることで、映像の中の貝殻が開いていきます。下の写真のシーンでは、貝殻が80%開いたところ。

Imgp0817s
私の好みで言わせていただけば、昨年のプロジェクトマッピングの方がよかったな。建物そのものの形、窓や柱の部分をうまく使っていたと思うから。

ショーをしていない時間帯も、拍手をすると、波の泡を表現した白い明かりの様子が変わったりします。

Imgp0849s
私は青色のイルミネーションが好きなので、プロジェクションマッピングよりも、下の写真のような感じを、汐留の“海”に求めてしまいます。今年も見れました。

Imgp0862s

寒いけれど、きれいな明かりを見ていると、幸せな気持ちになります。イルミネーションを見て幸せそうな人たちを見るのも、結構好き。幸せなオーラが集まっているように感じるから。そう思えるようになったのは、何年か前のこと。昔は人酔いするからという理由をつけて、めったに近寄らなかったなぁ。

Imgp0915s

カレッタ汐留のイルミネーションは、何年か前、出張で汐留に行ったときに偶然見て以来、毎年、仕事がえりに見に行っています。裏を返せば、毎年同じような行動をしているわけですねcoldsweats01

YouTubeにオフィシャルな動画がアップされていましたので、以下に貼っておきますね。

movie 『魚たちはクリスマスの夢をみる White X'mas in the sea』トレーラー2 - YouTube

[撮影: 2013年11月27日、Pentax K-30]

pencil このブログの関連記事

« 汐留シティセンタービルのイルミネーション | トップページ | 「地域少子化対策強化交付金(仮称)」新設、少子化対策のアイデアに最大4000万円 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/58796546

この記事へのトラックバック一覧です: Caretta Illumination 2013 「魚たちはクリスマスの夢をみる」:

« 汐留シティセンタービルのイルミネーション | トップページ | 「地域少子化対策強化交付金(仮称)」新設、少子化対策のアイデアに最大4000万円 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談