« 世界人権デー、人権に関する講演を聴講しました | トップページ | 日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2014」発表! »

2013年12月12日

有給休暇・国際比較調査、日本は6年連続消化率ワースト1

オンライン旅行会社のエクスペディアジャパンが実施した「有給休暇・国際比較調査」が公表されました。24ヶ国の18歳以上の有職者男女8,219人が回答しています。日本は、有給支給日数は18日と増えたものの、有給消化率は39%。6年連続で最下位だったそうです。有給取得率が下から2番目の韓国は70%ですから、日本の有給取得率の低さは群を抜いているようです。

Img2013121201

内閣府の「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)レポート2012」によれば、年次有給休暇取得率は、2006年46.6%、2011年49.3%なのだそうです。これと比較すると、この記事で紹介している調査結果の方が、低めの割合になっています。エクスペディアさんの調査ですから、旅好きの方の傾向が表れているのかしら(推測)。ちなみに、政府は、年次有給休暇取得率を70%にまでアップさせることを、数値目標として掲げています。

Img2012121601

さて、同調査結果で興味深かったのが、仕事への満足度について。こちらでも日本は最下位なのです。有給休暇の支給日数には満足しているが、有給取得率は低く、仕事への満足度も低い傾向が、日本人にはあるということですね。

Img2013121202
24か国全体でみてみると、有給消化率の低い日本と韓国は仕事の満足度も低いようです。一方、有給消化率の高い国では、有給消化率と仕事の満足度には、相関関係があるとは言えないようです。日本について、もし有給消化率がアップしたら、仕事への満足度もアップするのか否か、興味があるところです。

P.S. 旅行、行きたいな。計画を始めよう。

pencil グラフの出展

pencil 関連情報へのリンク

« 世界人権デー、人権に関する講演を聴講しました | トップページ | 日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2014」発表! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/58741306

この記事へのトラックバック一覧です: 有給休暇・国際比較調査、日本は6年連続消化率ワースト1:

« 世界人権デー、人権に関する講演を聴講しました | トップページ | 日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2014」発表! »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談