« ジェンダー・ギャップ指数(男女平等指数)2013発表、日本は105位 | トップページ | 雨上がりの三番瀬 »

2013年10月26日

名嘉睦稔 木版画展『太陽の花 星の花』を見に行きました。

R0016432s

名嘉睦稔 木版画展『太陽の花 星の花』を観に行きました。会場は、東京・京橋のIsland Gallery。太陽、月、星の描かれた木版画が展示の中心のようでした。メインビジュアルに用いられているのは「一回だけの一日」という、初公開の作品。男性と女性の神様が一緒に、おそらく太陽を手にしている様が描かれています。生み出される一日のイメージを受け取りました。毎日を大切に生きようという気持ちが、心の深いところに穏やかに湧いてきたように感じました。

art 名嘉睦稔木版画展『太陽の花 星の花』
  http://islandgallery.jp/7836
 会期: 2013年10月21日(月)~11月4日(月・祝)
      11時-19時 ※会期中無休、入場無料
 会場: Island Gallery
      東京都中央区京橋1-5-5 B1
      phone:03-3517-2125
 Twitter: http://twitter.com/islandgallery

Hoshinohana

私がギャラリーにうかがったのは『太陽の花 星の花』展の初日の夕方だったのですが、すでに買い手がついてしまい、違う作品がかけられていた壁もありました。下の写真に写っているのは、店長のさおりさんです。

R0016313s

今回の木版画展では、縦横1mくらいあるような大きめの作品は展示されていないようでした。売れてしまったのかな。そのかわり、というのも変ですが、初期の作品から最新の作品まで、いろんな時期の作品を見ることができました。

R0016314s
2014年のカレンダーも見せていただきました。名嘉睦稔アートカレンダーの魅力は、なんといっても、芸術性が高いこと。本物の持つ凄さには及ばないけれど、色がきれいに出ていて、満足度はかなり高いです。ときどき額の中のカレンダーを入れ替えて、別の作品を楽しんでいます。絶版になった作品を見れるのも、カレンダーの魅力の一つです。

clip 2014年 ボクネンカレンダー
 壁掛け大、壁掛け中、卓上の3種類があります。

R0016312s

描かれている神様の表情が、とても豊かなのですよね。あの速さで彫るのに、ボクネンさんって凄いなぁ。。。

太陽の花 星の花という名前の版画展ですので、TINGARAの「太陽の花」をイメージしてしまいました。なぜなら、TINGARAのアルバム「太陽の花」には、睦稔さんのひまわりの作品が用いられているから。私の考えすぎでしたcoldsweats01 ちなみに、私がうかがったとき、ギャラリーに流れていた音楽は、TINGARAのアルバム「組曲 命の森」でした。美しい調べでした。

※ギャラリー内の写真は、スタッフの方の許可を得て撮影させていただきました。

pencil このブログの関連記事

pencil 関連情報へのリンク

太陽の花
太陽の花
太陽の花
太陽の花

« ジェンダー・ギャップ指数(男女平等指数)2013発表、日本は105位 | トップページ | 雨上がりの三番瀬 »

コメント

この度はご来廊頂きまして、また素敵にご紹介頂きありがとうございます。嬉しいです。
沢山の方にいらして頂きたいと思っています。

★安斉紗織@Island Galleryさん
ボクネンさんの木版画の展示はやっぱりいいですね。Island Galleryになる前のBokunen's Art Tokyoを思い出しました。コメント、ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/58453933

この記事へのトラックバック一覧です: 名嘉睦稔 木版画展『太陽の花 星の花』を見に行きました。:

« ジェンダー・ギャップ指数(男女平等指数)2013発表、日本は105位 | トップページ | 雨上がりの三番瀬 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談