« 4年間の通院で学んだこと | トップページ | 時短勤務だと評価が下がる。どう乗り切る? »

2013年10月20日

鶴巻育子写真展「東京 オオカミの山」に行きました。

R0016282s
鶴巻育子さんの写真展「東京オオカミの山」に行ってきました。武蔵御嶽神社(東京都青梅市)の厳かな行事の様子や、神社周辺に住む人たちの風習・暮らしをとらえた写真を興味深く見させていただきました。

会場は、新宿のエプソンイメージングギャラリー エプサイト。デジカメのイメージセンサーのお掃除にリコーイメージングスクエア新宿まで出かけたときに、立ち寄らせていただきました。いつものようにTokyo Art Beat(TAB)のiPhoneアプリで検索して見つけた写真展でした。展示室の外にも何枚か展示されていました。

R0016273s

武蔵御嶽神社には、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)と二匹のオオカミの神話があるのだそうですね。実は、写真展に行く数日前に、まったく別のことで日本武尊の足跡を少し調べていました。ですので、あら、また、日本武尊のお話に行き当たったなぁ、と、不思議なつながりを感じました。さらりと読んだだけだったし、日本書紀もちゃんと読んだことはないので、もうちょっと調べてたどってみようかなぁ。

展示されている写真のなかでも、とくに「太占(ふとまに)」の写真に見入ってしまいました。鹿の骨を焼いてひびの入り具合で吉凶を占うのだとか。太占は言葉としては知っていたのですが、具体的にどんなふうに占うのかは知りませんでした。
その土地に古くから根付いた行事がどの土地にもあると思うのですが、生まれ育った場所を離れてしまっているし、自分にはそういうものがない。ですので、そういうったモノに出合うと、それだけでグッと来てしまいます。

さそり座が写っている写真がありました。鶴巻さんの写真では、さそり座の下のカーブしている部分が、比較的下の方まで写っているようでした。武蔵御嶽神社は標高1000mくらいの地にあるということですから、やはり高い位置にあるということですよね。星座を意識して撮ったわけではないとのことでしたが、星空も神社の明かりの両方をとらえていて、素敵だなと思いました。

鶴巻さんご在廊。ご本人にお会いでき、作品を見ながら直に話をうかがうことができ、とってもラッキーでしたshine

camera 鶴巻育子 写真展「東京 オオカミの山」
 
  会場: エプソンイメージングギャラリー エプサイト
 会期: 2013年10月11日~2013年10月24日
      日曜日休館
 時間: 10時30分~18時(最終日15時まで)

東京・青梅の西端にそびえる御岳山。標高1000m近い山頂には、オオカミ信仰の聖地とされる武蔵御嶽神社がある。起源は遥か古代に遡るという。神社の周りには御師と呼ばれる神職たちが住み、代々この地を守り続けている。都心からたった60kmの場所にある、天空の集落。その信仰と人々の暮らしにレンズを向けてみた。
引用元: epSITE 展覧会情報

鶴巻さんの著書はこちら。

pencil 関連情報へのリンク

4839947457 オリンパス PEN Lite & mini 撮り方ハンディブック 【E-PL6・E-PL5・E-PL3・E-PM2対応版】
鶴巻 育子 金森 玲奈
マイナビ  2013-10-23
4844363492 構図、光、明るさ、色、ボケ5つの要素で組み立てる 写真撮影の鉄則
上田 晃司 種清 豊
鶴巻 育子 山口 規子
エムディエヌコーポレーション  2013-07-02

« 4年間の通院で学んだこと | トップページ | 時短勤務だと評価が下がる。どう乗り切る? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/58418771

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴巻育子写真展「東京 オオカミの山」に行きました。:

« 4年間の通院で学んだこと | トップページ | 時短勤務だと評価が下がる。どう乗り切る? »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談