« 「労働時間の長さ」ではなく「成果」で評価に | トップページ | 理科の宿題で、星の動きを観察しました。 »

2013年9月28日

子育て社員のフォローで過労死しないために

子育て事情のある女性のために、同僚に負担が重くのしかかったという記事が、東洋経済オンラインとダイヤモンド・オンラインに掲載されているので、紹介させていただきます。

紹介させていただいた記事はどちらも、深刻な内容でした。じっくり読ませていただきました。いずれの記事も、筆者の方が解決策を提案されています。その部分も興味をもって読めました。

    ◇    ◇    ◇

短時間勤務、育休など、子育て関連の制度を使う社員のサポートだけでなく、制度を使う社員のいる「職場へのサポート」が十分かを、人事部は考える必要があると、以前、聴講したダイバーシティ関連セミナーで聞いたことがあります。私はこの案に賛成。これは、子育て事情を抱えた社員だけでなく、介護事情を抱えた社員がいる職場や、長期休暇に入った社員がいる職場についても、考慮が必要なことだと考えます。

他の人の分まで頑張って働かなければならないような状況に、ならなければいいのでしょうけれど。少なくとも、他の人の分まで頑張って働いても優遇されないという矛盾は、解消されてほしいです。

もし、他の人の分まで頑張って働かなければならなくなったとしたら?その対価を、早い時期に、上司と話しておくのが、まずはすぐにできることかも。

« 「労働時間の長さ」ではなく「成果」で評価に | トップページ | 理科の宿題で、星の動きを観察しました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/58280634

この記事へのトラックバック一覧です: 子育て社員のフォローで過労死しないために:

« 「労働時間の長さ」ではなく「成果」で評価に | トップページ | 理科の宿題で、星の動きを観察しました。 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談