« 福岡出張、空の旅(復路) | トップページ | 明野サンフラワーフェス2013に行きました »

2013年8月10日

霞が関ビルディング前の階段と史跡「江戸城外堀跡」

霞が関ビルディングの前の階段は、気に入っている場所の一つ。なぜならば、階段が年表のようになっているから。階段の下から上へと登っていくと、まるで、歴史をたどり、霞が関ビルに行き着くかのようです。昨年、行ったときは、年表っぽさと古地図に惹かれてしまい、今に近い時代の部分を見ていませんでした。先日、虎の門に出張したとき、再び立ち寄って確認してきました。

Dscf9608s

調べてみたら、霞が関ビルって、1968年の4月にオープンしたのですね。ということは、1968年のところに描かれているのは、きっと、霞が関ビルですね。他にもビルが描かれている箇所があるのですが、どの建物なのかは、調べてもよく分からず。。。

Dscf9612s
この階段を上る手前には、史跡「江戸城外堀跡の石垣」があります。虎の門から続いている石垣だそうです。

Dscf9618s

石垣の表面には、しるしが刻まれています。これは、「構築大名を示す刻印」なのだとか。

Dscf9620s
この場所の地下の部分が工夫されていて、ちょっと面白いのです。周囲の建物の壁の色が暗い灰色になっている部分があるのです。この部分、お堀の水面と底面の位置があった位置とのこと。地下鉄の虎ノ門駅に向かうエスカレーターは、当時のお堀の底面よりも下であることが、目で分かります。

Dscf2539s
地下展示室の位置はちょうど、お堀の水の中ということですね。

Dscf9619s

出張の移動途中に立ち寄った史跡の記録でした。

P.S. ぶぅさん、報告です。階段の「年表」の、ぶぅさんの生まれ年の部分は、残念ながら何も描かれていませんでした。上の写真のとおりです。

pencil このブログの関連記事

« 福岡出張、空の旅(復路) | トップページ | 明野サンフラワーフェス2013に行きました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/57960745

この記事へのトラックバック一覧です: 霞が関ビルディング前の階段と史跡「江戸城外堀跡」:

« 福岡出張、空の旅(復路) | トップページ | 明野サンフラワーフェス2013に行きました »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談