« 夏休みの計画表をダウンロードできるサイト一覧2013 | トップページ | 約3割の企業に女性役員が1名以上登用されている 経団連調査 »

2013年7月29日

女性活用の前に、「男時間」な働き方を見直すべき

「自分で言うのもなんですが、寸暇を惜しんで死ぬほど集中して働いています。世間では、育休という権利ばかりを主張するワーキングマザーへの批判が多いみたいですけど、そういうのってごく一部で、多くの人は周りに迷惑をかけないように、昼食の時間も削って頑張っているじゃないでしょうか」

おそらく寸暇を惜しんで働いているワーキングマザーは多いのではないか。しかしながら、昼食の時間を削って成果を挙げても、効率よく働いても評価されないという話を聞いたことがある。残業時間の長さで評価されるからだそうだ。この仕組みだと、時短勤務となれば、それだけで評価は低くなるわけだ。

上で引用させていただいたのは、日経ビジネスの以下の記事に書かれている、あるワーキングマザーの発言である。

clip 「時短なんて甘ったれるな?」 “マタハラ”に遭うワーキングマザーの苦悩:日経ビジネスオンライン(2013年07月23日)

ワーキングマザーの敵はワーキングマザー。この一例がこの記事には書かれている。その昔、一人目妊娠中のときに、不安な気持ちを先輩ワーキングマザーに相談したことがあった。そのときに、たっぷりとダメ出しされ、バッサリとやられてしまった。敵だとは思わなかったけれど、少なくとも味方ではないなと思った。ワーキングマザー同士だからといって、価値観までも同じであるわけがないということを、その経験から学んだ。という経験を持つ私は、この記事に書かれているある女性の例が他人事には思えず読んだ。

この記事は、様々な立場の視点から考察したのち、育児や出産で女性が会社を辞めなくともいい制度を整える前に、「男時間」な働き方を見直すべきと主張し、結んでいる。何かと女性活用にばかり目が向けられるが、そうではなく、24時間戦えますか(古っsweat01)的な働き方に警鐘をならしているのだと感じた。

大体これだけ女性の生き方や働き方が変わったにもかかわらず、会社という組織での働き方が旧態依然としていること自体に、問題の本質があるのだよ。

女性活用だの、育児や出産で女性が会社を辞めなくともいい制度を整える前に、男社会ならぬ、男時間「タイム・マッチョ(Time macho)」な働き方を見直すべき。

ちなみに、タイム・マッチョとは、男社会の働き方を示すのに、米プリンストン大学教授のアン・マリー・スローターさんが、「why women still can’t have it all」という論文の中で用いた言葉なのだそうだ。引用元の記事を書かれた健康社会学者の河合薫さんが、そう紹介されている。うまく表現された言葉だと思う。

« 夏休みの計画表をダウンロードできるサイト一覧2013 | トップページ | 約3割の企業に女性役員が1名以上登用されている 経団連調査 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/57890532

この記事へのトラックバック一覧です: 女性活用の前に、「男時間」な働き方を見直すべき:

« 夏休みの計画表をダウンロードできるサイト一覧2013 | トップページ | 約3割の企業に女性役員が1名以上登用されている 経団連調査 »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談