« ふくしま式『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』で論理的思考力を身に付けることの大切さを学ぶ | トップページ | 亀戸・下町 こいのぼり祭り »

2013年5月 4日

菩提寺の花

Imgp7606s
今日は三回忌の法要でした。菩提寺のヤエザクラが風に揺れてサワサワと。また一年が過ぎたことを伝えてくれているかのようでした。季節はただ巡ってくるだけだけれど、時の流れは前にだけ進むものだなぁと改めて感じました。

相田みつをさんがお寺で仏教を学んだことは知っていたけれど、それが曹洞宗のお寺だったことは忘れていました。方丈様の説法を聞いて思い出しました。方丈様によれば、縁のある人とのつながりを再認識すること、故人がいたから今自分がいることを再認識すること、そして縁を深める行事が法要だとのことでした。

Imgp7621s

父と母の代で2人、祖父母の代で4人と数えていくと、20代前では百万人を超えるとのこと。

過去無量のいのちのバトンを受けついで
いまここに自分の番を生きている
それがあなたのいのちです
引用元: 相田みつを『自分の番 いのちのバトン』

太古からの流れの中に自分がいることを意識すると、不安から解放されるように感じることがよくあります。この詩も同じことを伝えてくれているのかもしれないなぁと思いました。

このゴールデンウィークは故郷に2回帰りました。久しぶりに会う人たちに、お母さんに似てきたねと言葉をかけていただくことが何回もありました。うまく表現できない気持ちです。

あれから2年が経ちました。
また、柳の綿毛が舞う季節になっていました。

pencil このブログの関連記事

pencil 関連情報へのリンク

4579501551 しあわせはいつも
相田 みつを
文化出版局

« ふくしま式『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』で論理的思考力を身に付けることの大切さを学ぶ | トップページ | 亀戸・下町 こいのぼり祭り »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/57311676

この記事へのトラックバック一覧です: 菩提寺の花:

« ふくしま式『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』で論理的思考力を身に付けることの大切さを学ぶ | トップページ | 亀戸・下町 こいのぼり祭り »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談