« 坂崎幸之助書写真展 / ハード・デイズ・じゃないと『坂崎幸之助が撮って来るマァ!マァ!マァ!』を見に行きました。 | トップページ | 東京スカイツリーと水上バス -総武線隅田川橋梁の上から- »

2013年5月13日

大切なのは制度よりも環境。育休3年、オリックスで重視されてきたことは?

安倍総理の「成長戦略スピーチ」には、育児休業を3年に延長する「3年間抱っこし放題での職場復帰支援」が含まれていました。長期間の育児休業は、数年前から企業の子育て支援策として登場してきていました。たとえば、オリックスでは、2007年に、育児休暇を3年まで取得できるようになりました。また、サイボウズでは、2006年に、育児・介護休暇を最長6年まで取得できるようにしたのだそうです。

以下の朝日新聞の記事で、オリックスが3年育休を実施してきた中で、重視している点が述べられているので紹介します。「大切なのは、休める制度より、仕事と子育てを両立できる環境」とのこと。

人材開発チームの脇真由美課長代理は「大切なのは、休める制度より、仕事と子育てを両立できる環境だ」と実感している。

オリックスでは、復帰後を見据えた支援策に力を入れた。一つは、子どもが小学校卒業まで、短時間勤務を認めること。もう一つは、育休中の社員が、子どもを産んで職場復帰した社員と交流する会を社内で開くことだ。

…略… 同社が重視したもう一つの柱が、管理職向けの研修だ。個々の社員の事情に合わせながら、力を発揮できるような仕事の割り振りをするよう、管理職に意識づけているという。

引用元: 朝日新聞デジタル:育児支援、企業も探る 復帰社員と交流会・管理職向け研修 (2013年05月09日)

pencil このブログの関連記事

« 坂崎幸之助書写真展 / ハード・デイズ・じゃないと『坂崎幸之助が撮って来るマァ!マァ!マァ!』を見に行きました。 | トップページ | 東京スカイツリーと水上バス -総武線隅田川橋梁の上から- »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/57378508

この記事へのトラックバック一覧です: 大切なのは制度よりも環境。育休3年、オリックスで重視されてきたことは?:

« 坂崎幸之助書写真展 / ハード・デイズ・じゃないと『坂崎幸之助が撮って来るマァ!マァ!マァ!』を見に行きました。 | トップページ | 東京スカイツリーと水上バス -総武線隅田川橋梁の上から- »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談