« スポーツ振興の神様 亀戸 香取神社 | トップページ | ぐるなびギフトカード、頂きました☆ »

2013年5月 7日

「出世して、子供も産め?!」“働き方強要社会”に疲弊する女性たち

2013年4月19日に行われた安倍総理の「成長戦略スピーチ」に、育児休業を3年に延長する「3年間抱っこし放題での職場復帰支援」と「管理職への積極的な女性登用」が含まれていました。この部分をきいて私が思ったのは、「3年間も育休なんてほしくない。それよりも子どもの預け先が確実に確保されて、仕事に戻りたいときに戻れる方がいい。それに、昇進したい女性ばかりじゃないんじゃない?」ということでした。以下の日経ビジネスオンラインの記事を読み、私と同じように疑問に感じていた方が少なからずいたことを知り、安心しました。

clip 「出世して、子供も産め?!」
  “働き方強要社会”に疲弊する女性たち
  - 日経ビジネスオンライン(2013年05月07日)

働き方って、力ずくや押し付けで変えることができるモノではないですものね。この記事を書かれた河合薫さんによれば、本当に必要なのは、仕事が楽しいと感じられる環境づくりとのこと。ここでいう「楽しい」は、enjoyではなくinteresting。なるほど。詳細は、上記URLからたどってみてくださいね。

同記事の中から、いいなと思った部分を紹介させていただきますね。

 お金のため“だけ”の仕事に、楽しさややりがいなど感じられるわけがない。「やりたいことがある」という気持ちは、それだけで“ストレスの雨の傘”になる。そして、その気持ちを行動に移し、「自分のやりたいことをやっている」と少しでも実感できれば、それもまた傘だ。その「働く」という行為の原動力が、「女性かくあるべし」的画一化で奪われているのではあるまいか。

pencil 関連情報へのリンク

« スポーツ振興の神様 亀戸 香取神社 | トップページ | ぐるなびギフトカード、頂きました☆ »

コメント

複数の女性の生き方・働き方を単一の女性像に押し込めようとしてるように見えますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/57333859

この記事へのトラックバック一覧です: 「出世して、子供も産め?!」“働き方強要社会”に疲弊する女性たち:

« スポーツ振興の神様 亀戸 香取神社 | トップページ | ぐるなびギフトカード、頂きました☆ »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談