« 衆議院選挙2012関連お役立ちサイト&記事まとめ | トップページ | 出産後も仕事を続ける母親が増加 ~第1回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)~ »

2012年12月16日

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)レポート2012

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)レポート2012」が、内閣府のWebサイトに掲載されています。このレポートに、平成19年12月に策定された「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」「行動指針」の数値目標に対する実現状況が掲載されていました。引用させていただくと以下のとおり。

Img2012121601

2020年に向けて14項目の数値目標が掲げられています。14項目の数値目標のうち、策定時と比べて、改善したのが7項目、悪化したのが2項目とのこと。改善してきてはいるものの、「年次有給休暇取得率」「男性の育児休業取得率」「6才未満の子どもをもつ夫の育児・家事関連時間」など、達成に一層の努力が必要そうな項目であるようです。

ちなみに、一年前に出されたレポート2011では、数値目標の実現状況は以下のとおりでした。

 【仕事と生活の調和レポート2011より】

Wlbrep01

◆推移をピックアップ

例えば、「男性の育児休業取得率」の推移は以下のとおり。2010年は1.38%でしたが、2011年は2.63%。少しではありますが伸びたようです。女性の育児休業取得率は87.8%ですから、やはり男女差は大きいようですね。

Img2012121602
「在宅型テレワーカーの数」は、グッと伸びています。東日本大震災をきっかけに、テレワークの導入が進んだことによるのだとか。この項目は、目標値を達成できそうな勢いですね。

Img2012121603
仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)レポート2012には、「第1子出産前後の女性の継続就業率」の最新値が載っていませんでした。情報の源が異なるのですが、今月公表された別の調査結果によれば、増加傾向にあるとのこと。この件については、別の記事で紹介させていただきますね。

clip 情報源&グラフの出典

pencil 関連情報へのリンク

« 衆議院選挙2012関連お役立ちサイト&記事まとめ | トップページ | 出産後も仕事を続ける母親が増加 ~第1回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/56330368

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)レポート2012:

« 衆議院選挙2012関連お役立ちサイト&記事まとめ | トップページ | 出産後も仕事を続ける母親が増加 ~第1回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)~ »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談