« 子育て中にイラッとする夫の言動ランキング | トップページ | ポケモンスタンプラリー2012、付き添い保護者の日記(前編) »

2012年8月17日

自然の中での集団宿泊活動が学力・ 学習状況に与える影響は?

4月17日に実施された平成24年度全国学力・ 学習状況調査の結果が、公表されました。調査の対象は、小学6年生と中学3年生。平成24年度の調査では、国語と算数・数学に加え、初めて理科の調査も行われました。このため、報道でも、理科の調査結果に関する関心が高かったように思います。理科の他に興味深かったのが、自然の中での集団宿泊活動に関する以下の調査結果。

自然の中での集団宿泊活動を長い日数行った小学校の方が、国語B・算数Bの平均正答率が高い傾向が見られる。
引用元: 平成24年度全国学力・学習状況調査の結果について(概要) (PDFファイル)

調査結果をみてみると、小学5年生までの間に、自然の中で集団宿泊活動を行った小学校は92%。活動の日数の内訳は、以下のとおり。

4泊5日以上 : 5.1%
3泊4日 : 2.7%
2泊3日 : 29.9%
1泊2日 : 54.3%

活動の日数が長いほど、基礎的・基本的な知識・技能を活用することができるかどうかをみる国語Bと算数Bの平均正答率が、高い傾向にあるとのこと。この様子を表したグラフは以下のとおり。左に行くほど集団宿泊活動の日数が長くなります。1泊2日と4泊5日以上では、平均正答率に約2%の差があります。ちょっとだけ左上がりのグラフ。差の数値は小さいのかもしれませんが、興味深い傾向だと思いました。

Img2012081701

  出典: 平成24年度 全国学力・学習状況調査 調査結果のポイント (PDFファイル)

pencil 情報源

« 子育て中にイラッとする夫の言動ランキング | トップページ | ポケモンスタンプラリー2012、付き添い保護者の日記(前編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/55440179

この記事へのトラックバック一覧です: 自然の中での集団宿泊活動が学力・ 学習状況に与える影響は?:

« 子育て中にイラッとする夫の言動ランキング | トップページ | ポケモンスタンプラリー2012、付き添い保護者の日記(前編) »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談