« 菓子工房アントレ「柔らか苺のショートケーキ」 | トップページ | 子育ての5月病、燃え尽きる母たち »

2012年5月29日

子育て家庭の妻、86%が就労希望

政府が実施した就労に対する意向調査の結果によれば、夫婦で子育てをしている家庭の妻の86%が、仕事に就くことを希望していることがわかったそうです。近々閣議決定される、2012年版「子ども・子育て白書」に掲載されるとのこと。

就労に対する意向を聞いたところ「今後はパートで働きたい」が最多の45.3%。「今後は(今後も)正社員で働きたい」25.8%、「最初はパート、ゆくゆくは正社員で働きたい」14.9%と続き、何らかの形で働きたいと考えている人が計86%に上った。「今後は(今後も)働かない」は11.6%だった。
引用元: SankeiBiz(サンケイビズ)(2012年05月29日)

他の調査でも、似たような結果が出ていました。ちょっと古いデータなのですが、2009年に「生涯学習のユーキャン」が実施した「第4回子供のいる専業主婦の意識調査」でも、専業主婦の94.7%が、今後チャンスがあれば、働いて収入のある仕事をしてみたいという結果がありました。理由で一番多かったのが、全体の57.0%を占めた「今より多くの収入を得たいから」。社会との接点を持ちたい気持ちよりも、自分を磨きたいという気持ちよりも、経済的な理由が先行。

小学校関連の保護者会や懇談会に参加してみて思うのは、以前よりも、働く母親が増えたということ。共働き傾向が強いように感じています。

2012年の子ども・子育て白書が公開されたら、ざっと読むつもりです。

pencil 関連情報へのリンク

« 菓子工房アントレ「柔らか苺のショートケーキ」 | トップページ | 子育ての5月病、燃え尽きる母たち »

コメント

> 社会との接点を持ちたい気持ちよりも、自分を磨きたいという気持ちよりも、経済的な理由が先行。

どこも大変なんですねぇ。

お久しぶりです。
データを見て「まぁそうなんだろうな」と思いました。
実際経済的な不安、っていうのはすごくある人が多いんじゃないかと思いますね。
ご主人の減給の話も聞くし。あ、うちもか。でもご主人が高給だとお子さん2人私立の一貫校でお金のかかる習い事が複数とか、そういうパターンで共働きも多いです。
うちも年の差なので小学校の懇談会に行くと、長女のときは低学年で働いていないお母さんが多かったんですが、次女だと逆になんらかの形で働いているお母さんが多いです。

その中には、「本当は仕事をしたいというほどの気持ちはないけど、お金がかかるから…」という消極的な本音?をチラっと教えてくださる方もいました。子ども教室があるのもうちの地域大きいかもしれませんね。学童にあぶれたっぽい?子も見かけるので。長女の時はなかった制度だし、ファミサポも今年からやっと始動なので、働きやすくなったといえばいえるんでしょうね。

★ぶぅさん

> どこも大変なんですねぇ。

そのようです。
何かとお金がかかりますものね。

★ことなりままっちさん
記事の中で私が表現できなかったことを、ことなりままっちさんのコメントで補ってもらっちゃいました。ありがとうございました。

下の子の保護者会とか懇談会に行くと、上の子のときと違って、働いているお母さんが多くなったと感じます。「そろそろ働きたいんだけれど」と話していた方もいらっしゃいました。懇談会に出てみたら、働く母親はほとんどいなくて、学童保育の話をしたのは私だけで、話があわないw なんてことが、上の子のときにはあったのですが、そんなことは今はなさそう。変化を感じています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/54830324

この記事へのトラックバック一覧です: 子育て家庭の妻、86%が就労希望:

« 菓子工房アントレ「柔らか苺のショートケーキ」 | トップページ | 子育ての5月病、燃え尽きる母たち »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談