« スーパームーン | トップページ | こどもの割合は13.0%、38年連続の低下 »

2012年5月 6日

山菜料理と、煮物の味付けと、昨年のGWのこと。

昨年のことになりますが、ゴールデンウィークは、1週間、実家に帰省しました。こんなに長く実家にいたのは、就職して以来、いえ、一人暮らしを始めた大学のとき以来の出来事でした。長期帰省した理由は後で書きますが、うど、ふき、わらびなど、山菜を料理することが多くありました。

Img_1394s Img_1396s

うど。うどは煮たことがなかったので、母に教えてもらいました。

Img_1537s Img_1545s

ふき。筋をとって、はんぺんを加えて煮物に。

Img_1543s Img_1547s

わらび。すぐに使えるようにと、灰であく抜き済み。卵でとじるといいよと、レシピつきで、近所の方から頂きました。有難いことです。

Img_1511s Img_1523s

筍と菜の花ととり挽肉の炒め物。

上のお料理の写真は、同じメニューがかぶらないようにするために、iPhoneで記録していたものです。1週間、3食の食事を担当したので。

季節の食材が食卓にのぼることが、本当に多かったなぁ。バリエーションを出すために、iPhoneアプリ「クックパッド」にお世話になりました。クックパッド、便利shine

余談ですが、実家の料理酒は山梨銘醸の七賢でした(^^;

     ◇     ◇     ◇

昨年のゴールデンウィークの前、療養中の母のいる実家に、長い休暇をとって帰省しようかどうしようか迷っていた私。その背中を押してくれたのは、「帰った方がいいよ」という友達の言葉でした。彼女は、自分の経験から、その言葉を私にくれたのです。

仕事がとても忙しい時期だったのですが、ゴールデンウィークに、1週間、帰省できたことで、その1週間、私は母の近くにいることができました。実家の自営業が忙しかったこともあり、ほとんどの食事を私が担当させてもらいました。1週間、私の料理を、実家の父や母やみんなに食べてもらえました。

煮物の味付けについて、
「普段はこの味付けでいいけれど、
  うちの仕事は力仕事だから、
  もうちょっと味は濃くしておいた方がいいよ」
って、母に教えてもらったりしていました。父や母に、おいしいって言って食べてもらえたのも、うれしかったな。

母が他界したのはゴールデンウィーク明け。実家で過ごした1週間は、とても貴重な時間になりました。

友達のあのアドバイスがなかったら、母はきっとまだ大丈夫だと思いこもうとしていたから、私は短期間しか帰省しなかったと思う。そして、休みをとって帰ることができたのに、帰らなかった自分を悔やんでいたと思う。きっと。

無理する必要はないけれど、
実家に帰れるときには、帰っておいた方がいいです。
親孝行は、生きているうちにしておいた方がいいです。
ほんとに。

« スーパームーン | トップページ | こどもの割合は13.0%、38年連続の低下 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/54647289

この記事へのトラックバック一覧です: 山菜料理と、煮物の味付けと、昨年のGWのこと。:

« スーパームーン | トップページ | こどもの割合は13.0%、38年連続の低下 »

Books

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談