« 春スキー、雪を求めて裏磐梯へ | トップページ | 「子ども・子育て新システム関連3法案」とは? »

2012年4月16日

裏磐梯猫魔スキー場&猫魔の湯

R0010070s

裏磐梯猫魔スキー場に到着。アクシデントに遭遇したため、ゲレンデに出たのは11時近くになっていました。雪は降ったりやんだり。雪の降り方が柔らか。上から下りてきて、目の前でちょっと弾んで降りていくようでした。

R0010083s

ファミリーコース横、丸山第3ロマンスリフトからセンターハウス方向の眺め。

新雪は積もるけれど、スキー板にくっつくように重く、前に進みませんでした。湿った雪だからかな。前回、来たときの、パウダースノーの思い出があったので、なおさら重く感じました。

R0010078s

裏磐梯猫魔スキー場では、今シーズンに限って、消費電力を抑えるために、一部のリフトを休止していたとのこと。そのため、丸山第1クワッドが動いていませんでした。丸山第1クワッドはフード付きの4人乗りリフトなので、雪が降っていても大丈夫だろうと考えていたので、ちょっとショック。

R0010101s

前回、ネコマに来た時がかなりの吹雪だったので、小さな子どもにはしんどい状況でした。そのときの記憶があって、下の子がここ2,3年、スキーに行きたがらなかったのですよね。。。今シーズンの事情をちゃんと調べなかった自分を反省。ですが、子どもはそれほど気にはしていなかったみたいです(^^;

スノーボーダーが多かったなぁ。コースアウトして森の中を滑っている人たちが何人かいて、ちょっとビックリ。

雄国第2ロマンスリフト(↓)。

R0010104s

待ち合わせ時刻を決めて、お兄ちゃんは単独行動。前回、このスキー場に来たとき、母親の寿命が縮まるくらいの「冒険」をやった息子。前回の無謀さを自分でもよく理解しているようで、ゲレンデに出る前に自分でも話していました。今回は普通に滑っていた様子。それを見届けて、私もひと安心。

◆ランチは猫魔食堂で

Img_3402s Img_3403s 

写真は、裏磐梯カツカレーと、ラーメンセットについてきたミニ猫まんま。うちの家族はみんな、ねこまんま定食が気になっているのに、今回もまた、誰もオーダーしませんでした。なんなんだかcoldsweats01

R0010129s

「子猫セット」を食べているお子様が、多かったように思います。ワンプレートでデザートとドリンク付き。うちの子たちはお子様ランチを卒業してしまったので、写真だけで恐縮です。

ランチタイムは、カレーの列が一番進むのが早いそうです。ラーメンと丼物は、ちょっと待ちます。

◆午後もゲレンデへ

下の写真は、アムール・プロムナード・アウト。左が午前中。右が午後。午後は、コースがどこなのかわからないくらいの雪になりました。リフトで上に着くまでの間に、たっぷりと自分に雪が積もるから、ウェアの色が何色であっても、白色にしか見えないんじゃないかっていうくらい。

Img_3401s Img_3405s

となりを滑っている人が見えないくらいの雪降りだったので、ちょっと怖かったかも。自然の中にいる感は満点でしたが、冗談でなく、遭難しかねないので、早めに引き上げることになりました。

◆「モバイル宝」会員になるとお得flair

裏磐梯猫魔スキー場で家族スキーするなら、「モバイル宝会員」になって、ファミリーパックにするのがお得です。大人1人と小学生1名で、通常7,000円のリフト1日券が5,000円になります。追加の大人も1人3,000円と安くなるのがうれしいな。

◆看板が茶色

Img_3407s

景観に配慮した環境色が看板に使われています。だから、コンビニも郵便局も、看板は茶色です。

◆猫魔の湯

Img_3369s

今回の旅の真の目的地は、ワタシ的には、裏磐梯猫魔ホテルの中にある「猫魔の湯spa」。茶褐色のお湯が疲れを癒してくれます。立ち寄り湯もOK。

桧原湖を臨める露天風呂がオススメ。林の中を抜けてくる風が運んでくる雪の気持ちよさは、この季節ならではだと思います。

露天風呂で、娘と一緒に、ちっちゃな雪だるまsnowを作りました。露天風呂横の岩の上に乗せておいたら、翌朝、行った時にも、まだ、置いてありました。

猫魔の湯は、前にも一度、来たことありました。記憶の中の色の方が鮮やかなのかな。その時よりも、今回の方が茶褐色が薄い気がして、フロントで質問してみたのですが、とくに変化はないとのこと。露天風呂で一緒になったバスツアーのおば様方の話では、東日本大震災の後で少し変わったのだとか(詳細未確認)。そういうこともあるのかもね。

    ◇    ◇    ◇

この日、腕が筋肉痛になったのは、スキーのせいではなく、車を押したせいだと思う。。。

夜は、ホテルで、天候と雪の具合と割引券をチェック。せっかくなので、次の日は違うスキー場に行ってみることにしました。

つづく。。。

[撮影日: 2012年3月25日]

pencil 関連情報へのリンク

pencil このブログの関連記事

« 春スキー、雪を求めて裏磐梯へ | トップページ | 「子ども・子育て新システム関連3法案」とは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/54478647

この記事へのトラックバック一覧です: 裏磐梯猫魔スキー場&猫魔の湯:

« 春スキー、雪を求めて裏磐梯へ | トップページ | 「子ども・子育て新システム関連3法案」とは? »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談