« 京橋千疋屋「和栗のプリン」、栗いっぱい | トップページ | 学童保育の待機児童、4年連続減少 »

2011年10月21日

第9回21世紀出生児縦断調査:母の就業状況の変化は?

21世紀出生児縦断調査は、21世紀の最初の年に生まれた子どもを対象とした追跡調査です。家族の状況、子どもの生活状況、子育て意識について継続的に調査してきています。経年変化を見れるのが、興味深いかも。

前回の調査から1年が経過。第9回の調査結果が、厚生労働省のWebサイトに掲載されました。調査対象の子どもたちの年齢は、小学生(9歳)になったそうです。

やはり興味深かったのは、「母の就業状況」の変化に関する調査結果です。

Img2011102101

グラフの出典: 第9回21世紀出生児縦断調査(平成13年出生児)の概況 - 厚生労働省(2011年10月20日)

前々回(第7回)、有職率は55.8%であり、出産1年前の54.5%とほぼ同じ割合に戻りました。そして、今回(第9回)の有職率は63.8%。子どもの成長に伴い、有職率も高くなっています。内訳をみると、常勤の割合は、出産1年前の半分のまま、ずっと横ばい。パート・アルバイトの割合が、年々高くなっています。

上のグラフから、出産を機に常勤の仕事をやめてしまうと、出産後に常勤の仕事に戻るのは、なかなか難しい様子がうかがえました。常勤、ずっと、増えないのですね。。。

pencil 関連情報へのリンク

« 京橋千疋屋「和栗のプリン」、栗いっぱい | トップページ | 学童保育の待機児童、4年連続減少 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/53045234

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回21世紀出生児縦断調査:母の就業状況の変化は?:

« 京橋千疋屋「和栗のプリン」、栗いっぱい | トップページ | 学童保育の待機児童、4年連続減少 »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談