« 「サボ」チャリティ展示オークション ~東京駅丸の内地下北口~ | トップページ | 「梅の実ひじき」お取り寄せ☆ »

2011年9月 8日

バンダイナムコ、育児支援制度拡充。第3子以降200万円&「ライフサポート時短・休暇制度」

バンダイナムコホールディングスでは、10月から、第3子以降が生まれた社員を対象し、200万円の育児支援金が支給されるのだそうです。

バンダイナムコ、第3子生まれた社員に200万円
バンダイナムコホールディングスは10月から、グループ全体で育児支援制度を拡充する。第3子以降が生まれた社員には育児支援金として200万円を支給。夏休みや冬休みの期間限定で小学生の子供を東京・品川の本社で預かる「キッズルーム」も設ける。玩具メーカーとして少子化対策に積極的な姿勢を示す。
引用元: 日本経済新聞(2011年09月06日)

バンダイナムコホールディングスのWebサイトによれば、2010年度の育児休業取得者数は94名。そのうち男性は4名なのだそうです。

Bandainamco1

情報源: 社員とともに  グループのCSR活動  CSRへの取り組み  バンダイナムコホールディングス

今回の育児支援制度拡充の目的は、父親の育児参加を促すこととのこと。上述の事情もあるからなのでしょうね(推測)。父親の育児参加を促すことが目的なのだそうですが、育児支援金は母親でも受け取れるそうです。

日本経済新聞の記事で、私がいいなと思ったのは、「ライフサポート時短・休暇制度」に関する以下の部分。子どもが大きくなってからも、子育て支援があるとうれしいな、ということを、会社が理解してくれているように感じたから。

「子どもが小学校に入学したら大丈夫」
「子どもが中学校に入学したら大丈夫」
とか思われがちですが、そんなことはないのだから。

子供が成長した後も、不登校などの問題で時短勤務や休暇が必要な場合には「ライフサポート時短・休暇制度」として対応する。多様な育児支援により、同社の事業の原点である「家庭を大切にする」という意識を定着させる。
引用元: 日本経済新聞(2011年09月06日)

大切なのは会社の制度があるかとか使えるとかじゃなくて、保護者の気持ち。保護者の姿勢なんだと思います。

« 「サボ」チャリティ展示オークション ~東京駅丸の内地下北口~ | トップページ | 「梅の実ひじき」お取り寄せ☆ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/52680940

この記事へのトラックバック一覧です: バンダイナムコ、育児支援制度拡充。第3子以降200万円&「ライフサポート時短・休暇制度」:

« 「サボ」チャリティ展示オークション ~東京駅丸の内地下北口~ | トップページ | 「梅の実ひじき」お取り寄せ☆ »

selected

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談