« 子ども医療費助成制度、対象年齢が拡大! | トップページ | 150万のアクセスに感謝☆ »

2011年9月22日

メイキング・オブ・東京スカイツリー展に行きました。

Imgp8310s

日本科学未来館の企画展「メイキング・オブ・東京スカイツリー」を見てきました。企画展を開催しているからだと思いますが、シンボル展示「Geo-Cosmos」の下に、クレーンが入っていました。見どころは、地上480mからの景色を、3D映像で体感できること。3Dメガネをかけ、タワークレーンの本物のコックピットに座り、クレーンのオペレーターさんの目線で、景色と建築現場を見れるのです。

Imgp8272s

東京の街をバックに、建設資材が目の前を通り過ぎていく様子は圧巻。3Dなので、すぐそこにあるかのように見えるため、子どもは手を伸ばして触ろうとしていました。1度に見れる人数は5,6人くらいの様子。並んで10分ほど待ちましたが、この展示はオススメです!YouTubeの以下の動画で、企画展の様子をちょっと見ることができます。

movie 企画展「メイキング・オブ・東京スカイツリー®」 - YouTube

会場に入ってすぐのゾーンは、江戸時代から現代までの地図が、床に次々と映し出されています。東京スカイツリー建設地周辺も見れるので、興味深いです。

Imgp8276s

一つめのビューポイントとして案内が出ていたのは、こちら(↓)。手前のアーチは三角、奥に進むに従って丸になっています。これは、東京スカイツリーが、下の方は三角、上の方は丸になっています。これを表しているのだとか。スカイツリーを下から上に向かっていくかのように、順路を進みます。

Imgp8274s

スカイツリーの一番太い柱「C1ハシラ」や、地中50メートルの現場で実際に土を削っていた「ハイドロフレーズカッター」を間近に見れます。

Imgp8270s

レゴ・ブロックで作られた、実物の100分の1の大きさの東京スカイツリーモデル。一部は、レゴモデルビルダーの直江和由さんが制作されたのだそうですよ。

Imgp8279s

子どもは見て触って体感できるのが良かったようです。展示の内容は、全体的には大人向けかも。子連れで行くと、それほどじっくりと見ることができないですが(^^;

企画展「メイキング・オブ・東京スカイツリー」。日本科学未来館にプラネタリウムを見に出かけたところ、ちょうど企画展の会期中だったので見てみました。天空の建設現場を体感できる展示が良かったと思います。小学生向けワークシートも用意されているので、それを持ちながら、展示を見てもいいかも。

camera 企画展「メイキング・オブ・東京スカイツリー
~ようこそ、天空の建設現場へ~」

 http://www.miraikan.jst.go.jp/sp/skytree/

 会期: 2011年6月11日(土)~10月2日(日)
 開館時間: 9:00-17:00
 会場: 日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンa
 入場料: 大人 1,300円、18歳以下 500円
  ※日本科学未来館の常設展示も見学できます。

pencil 関連情報へのリンク

pencil このブログの関連記事

« 子ども医療費助成制度、対象年齢が拡大! | トップページ | 150万のアクセスに感謝☆ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3781/52792952

この記事へのトラックバック一覧です: メイキング・オブ・東京スカイツリー展に行きました。:

« 子ども医療費助成制度、対象年齢が拡大! | トップページ | 150万のアクセスに感謝☆ »

selected

Books

access


  • 旅行口コミ情報「トリップアドバイザー」で、おすすめブロガーに選んでいただきました!
    甲府 - 旅行ガイド 【トリップアドバイザー】
    旅と街歩きの記録はこちら



    RSS feed meter for http://windy.air-nifty.com/note/  
    since April 11, 2005

最近のトラックバック

My 体験談